【illustrator】バナー作成にも使えるリボン素材を作成

こんにちは。

久しぶりのillustratorでのチュートリアルになります。今回はかなり初級ですがバナーなどを作成する際使用することも多い「リボン」素材をillustratorで作ってみましょう。

 

 

リボンの最前面になる部分を作成

最初にリボンの一番上に来る部分を作成していきます。

カラーの「線」をなしに設定。

 

 

 

「塗り」を選択しダブルクリックで「カラーピッカー」を開き色を変更。

 

 

 

 

カラーを「ffe000」に変更(好きな色でOK)。

 

 

 

【長方形ツール】を選択。

 

 

 

アートボード上で右クリックし「長方形」パネルを開き以下に設定(任意のサイズでOK)。

・幅:450px

・高さ:65px

 

 

このような長方形が作成されました。

 

後ろに重なるリボンを作成

カラーの「塗り」をダブルクリックします。

 

 

カラーピッカーから「ffce00」に変更。

 

 

「長方形ツール」を選択。

 

 

アートボード上で右クリックしサイズを設定。 ・幅:160px ・高さ:65px

 

 

少し暗めの短い長方形が作成されました。

 

 

短い長方形を後ろに配置したいので【Ctrl】+かレイヤーパネルでドラッグし一つ後ろにしておきます。

 

 

次に、リボンに切れ込みを入れていきます。 背面の短い長方形を選択状態にします。

 

 

【ペンツール】を選択。

 

 

左のパス上にアンカーポイントを追加します。

 

 

追加したら【ダイレクト選択ツール】に切り替えます。

 

 

先程追加したアンカーポイントを選択。

 

 

選択したら【Shift】+カーソルキーあるいはドラッグし移動させます。

 

 

反対側にも作成します。 【リフレクトツール】を選択。

 

 

選択したらツールパネルからアイコンをダブルクリック。

 

 

パネルが開いたら「垂直」に反転させ「コピー」します。

 

 

反対側に移動させます。

 

リボンの折曲がって重なる部分を作成

「塗り」をダブルクリックしカラーピッカーでもう少し暗めの「eeaa00」に変更。

 

 

【ペンツール】に切り替えます。

 

 

三か所にアンカーポイントを作成し小さな三角形を作成。

 

反対側にも作成するので【リフレクトツール】をダブルクリック。

 

 

「垂直」に反転させたものをコピーします。

 

 

ここまでこの湯なリボンができました。

 

湾曲させる

選択ツールですべてを選択します。

 

 

【Ctrl】+Gでグループ化します。

 

 

【効果】から【ワープ】内の【円弧】を選択。

 

 

「カーブ」を13%(好みで)に設定。

 

 

これでリボンの完成です。

 

 

チュートリアル動画

まとめ

簡単なので好みの色のリボン素材が見つからないときは自作して好きな色にして使ってみましょう。

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>            チュートリアル動画はもう見ましたか?

            チュートリアル動画はもう見ましたか?

                  ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。