まさにエモーショナル!!つい読みたくなるブログにする「強力な武器」

【厳選PR】やっぱり良いものはよい

「ブログのアクセスを増やし滞在時間(読んでもらう)を増やしたい!」

ブロガーならだれもが、そして最も願うことだと思う。

では、「どうすれば?」・・・・これも、行きつく果ての疑問でもある。

あらゆるさまざまな媒体で”SEO(検索エンジン最適化)”が叫ばれ、記事タイトルに適切な「キーワード」をいれる。

あるいは”良質なコンテンツ”と凄まじいほどにざっくりとした答えが大方帰ってくるのはきっと経験があると思う。

これらの答えは、まぎれもなく「大正解」ではあるが、
一つの前提的な”こと”が存在している。

それは、”訪問者が読む”という前提である。

そもそも、どれだけSEOを意識したタイトルであれ、良質なコンテンツ(訪問者が求める答え)がそこに存在しても、まず最初に”読んでもらう”までの行動、

つまり、「クリックして記事を開く」までの行動に行きつかなければ意味がない。

おそらく、ここまで読んでくれているあなたは、すでに理解してるかもしれないが、

最も重要なことは読んでもらうまでにいたることになる。

重要なのでもう一度いう。

”読んでもらうまでにいたること”がなければアクセスをどれだけ増やそうが、タイトルやコンテンツがよかろうが、宝は埋もれたまま。

では、そこに至るため「訪問者の興味を引き」思わずクリックし記事を開いてもらうための、「強力な武器」となるものは何か?

少しだけ考えてみよう。

・・10・・・

・・・9・・・

・・・8・・・

・・・7・・・

・・・6・・・

・・・5・・・

・・・4・・・

・・・3・・・

・・・2・・・

・・・1・・・

そう答えは「アイキャッチ」だ。

なぜ重要なのか、それは単純に人間は視覚情報に60%近く支配され、数秒で第一印象を決定づけてしまう生き物であるからだ。

とはいうものの、私自身も薄っすらと「アイキャッチ」の重要性を理解はしていたが、何となく設定していたし、効果的で具体的にどのようにすればいいのか?なんて全く知る余地もなかった・・・が、

その「アイキャッチ」という強力な武器の効果を最大限までに高め、”最強のアイキャッチ”に昇華させていくための技法がどうやら無料で入手できるようである。

それは、「エモーショナル・アイキャッチ」とでも言ったらいいのか・・・

訪問者をエモーショナリーにさせる緻密(ちみつ)かつ洗練された技法である。

【THE SELECTED EYECATCH】というe-BOOK

これは、現在無料でダウンロードできるe-BOOKであり、誰でも始められてしまう”技法”だ。

 

ただ、、ただ一つだけ難点もある。

それは、最大限に効果を発揮させるには、多少グラフィックソフトが使えたほうが良いという点になる。

プロ並みではなくとも多少の「合成」「色調補正」など扱うことができれば、より画像の効果を与えられる。おそらく、相当の攻撃力へと変貌するだろう。

ただし、もし「使えない・・・」としても、落胆はしないでほしい。

その著書の中に、著者である小笠原広記氏が装備している「有料素材サイト」が親切にも紹介されてた。そうスライム10匹ほど倒せば入手できる金額だ。

加工し鍛えなおすまでもなく洗練された画像が数々揃っている。

ん!スライムを倒せない?

だったら仕方がない、無料でも高クオリティなものも紹介しておく。ただし規約には注意をしておいた方がよさそうだ。

【もう、あれこれ悩まなくていい】クオリティーが高く、しかも無料の素材サイト10選

2018.06.17

んん!「エモーショナル・アイキャッチ」技法とともに画像加工技術も身に着けたいって?

であれば、当ブログでも、あるいは著者の小笠原広記氏のブログでも画像加工の技術を学べるぞ。

スリームデザイン

おっと、話を戻すが、この【THE SELECTED EYECATCH】で学べることは、ブログ運営において必須である強力な武器「アイキャッチ」について徹底的に考察された奥義だ。

おそらく、これを読むと「なんてこった!」とすぐさま自分のブログを見直すだろう。

なぜなら、私自身もそうだったからだ・・・

とにかく、この奥義を意識するだけでも「まったく違った武器」を作ることができると確信できる。

⇩この記事が貴方のお役に立ったなら⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

1982年1月生まれA型、富山県出身で、現在東京都在住。 【簡単なプロフィール】 金融業の職に就き、四年後退社し、その後「株、FX」で生活。 始めはうまくいくものの、ある時期から資産が溶けてゆく・・・・ 方向転換でウェブ関係の仕事を始める。 現在は多数のウェブサイトの運営(当ブログも含め)をしながら生活中のグラフィックソフトと酒と猫が好きな30代です。どうぞよろしくお願いします。