【レタッチャーに朗報】爆速レタッチツール。SkylumのAI駆動写真編集ソフト「LUMINAR NEO」を使ってみた結果がヤバイ。

✓今よりレタッチ時間を短縮したい。

✓もっとレタッチ効率を上げたい。

✓簡単な操作でかつ高精度なレタッチや加工がしたい。

✓Photoshop以外の画像編集ソフトを探している。

もし当てはまるなら「朗報」です。

レタッチを行う場合、ほとんどPhotoshopを使って細かい作業を行うことが多いでしょう。

そんな中「もっと早く簡単にできないかなぁ~」と思ってしまうものです。

今回はAIがメインにレタッチを行ってくれる写真編集加工ソフトの「LUMINER NEO」を使ってみた結果を報告します。

先に、結論から言うと「時間短縮に成功でき、作業効率が上がった」でした。

「LUMINAR NEO」とは?

 

「LUMINAR NEO」はSkylumが提供している写真編集ソフトです。強みはAIをフル活用することで自動的に編集ができる「高速化」が特徴です。

LUMINER NEO公式HP

 

どんなことができるのか?

基本的な加工に必要なツールが揃っています。

例えば、ほこりや電線を自動的に取り除く、オブジェクトにマスクをかける、シーンのリライト(照明の変更)、コラージュの作成、二重露光効果の追加、人物レタッチ、レイヤーを追加し重ねていく、描画モードの変更などなど多くの機能があります。

以下一覧です。それぞれの機能は写真全体やマスクで部分的にのみ適用することもできます。

ツールツール内詳細
レイヤープロパティ透明度レイヤーの不透明度の設定
描画モード描画モードを変更
向き(左右、上下反転)画像の左右、上下反転
マスキングブラシで自由にマスキング可能
クロップ比率変更画像の比率変更。
水平調整画像を自動で水平に調整
回転&反転回転、反転
補正アクセント画像全体のアクセントを調整
スカイエンハンサー空部分を補正
スカイ空のセレクション(置き換え)置き換えたい空を選択可能。PCから読み込みもできる
方向置き換えた空の方向を調整
マスクの改良空のカラーを画像になじませる設定
シーンのリライト空のカラーを画像になじませる設定や適用量や彩度、人物の光の当たり方の調整
反射反射量など調整
空の調整ボケ方、粒子、暖かさや明るさ、霞かかった大気など調整
現象露出(露光度)露光量の調整
スマートコントラストコントラストを調整
ハイライトハイライトを調整
シャドウシャドウを調整
白黒レベル補正白黒のレベル補正
トーンカーブトーンカーブを使った調整
ホワイトバランスホワイトバランス、暖かみ、色合い、彩度、自然な彩度など
シャープネスシャープ化、半径やマスキング調整可能
ノイズ削減ノイズを削減
光学レンズやカメラよって引き起こされる写真の欠陥を取り除く、特にRaw写真を調整。自動フリンジ削除、レンズゆがみ、ビネット除去、ビネット除去中間点の調整
変形縦、横、アスペクト
消去電線を削除電線の削除
ほこりの削除埃の削除
縁取りくっきり、はっきりさせる
カラー彩度彩度の調整
自然な彩度自然な彩度で調整
色かぶり除去色かぶりを除去
白黒白黒化。また特定色だけを発色させる(レッド、イエローグリーン、シアン、ブルー、マゼンタ)
詳細細部のディテール画像の細部のディテール調整
中間のディテール画像の中間ディテールを調整
全体のディテール画像全体のディテールを調整
シャープ化シャープ化
ノイズ軽減耀度ノイズ除去耀度に対してのノイズ除去
色ノイズ除去色に対してのノイズ除去
風景写真かすみ除去画像かすみの除去
ゴールデンアワー黄の色合いを強調
緑樹の増強緑の色合いを強調
ビネット画像の周り(縁)を白や黒でぼかす。詳細な設定が可能
リライト近くの明るさ画像の遠近で近くの明るさを調整
遠くの明るさ画像の遠近で遠くの明るさを調整
濃度明るさの濃度設定
アトモスフィア霧の種類選択霧の種類(霧、霧の層、ミスト、ヘイズ)を選択
濃度霧の濃度を設定
明度霧の明度を設定
太陽光線太陽に位置設定太陽を追加したい場所にドラッグ
全体的な外観太陽光の全体的な明るさ
太陽光線の長さ光線の長がさ調整
にじみ光のぼかし具合の調整
太陽の半径半径の調整
太陽光範囲光の範囲を調整
太陽光量光の量を調整
太陽光線の数光線の数を設定
ランダム化光線のランダム化
太陽の暖かさ太陽の暖かさ調整
太陽光線の暖かさ光線の暖かさ
ドラマチック適用量ドラマチック、シネマチックな演出の適用量
ローカルコントラストコントラストの調整
明るさと彩度明るさ、彩度の調整
ムードLUTの選択(パターン)ルックアップテーブル(LUT)を使って、写真の色調を変更(パターンがたくさんある)
適用量適用量の調整
コントラストコントラストの調整
彩度彩度の調整
階調シャドウとハイライトシャドウやハイライトの調整
適用量適用量の調整
彩度・色相彩度、色相の調整
マット適用量マット感を適用
フェードフェードの調整
コントラストコントラストの調整
鮮明度鮮明度を調整
神秘的適用量適用量を調整
カラーカラーのs調整
光沢光沢の種類選択(ソフトフォーカス、光沢、オートン効果、ソフトオートン効果)
適用量適用量の調整
フィルムグレイン適用量粒子を写真に追加、アナログフィルムの様な効果を再現。
ポートレートボケ適用量滑らかなな背景のボケ感を再現。
ブラシコントロール
背景
フェイスフェイスライト顔の明るさの調整
スリムフェイスかを幅をスリムにする
色の変更目のカラーを変更
アイリスの視認性カラー変更した目の色の視認性を調整
アイリス・フレア目内部のフレアの調整
目を大きくする目の大きさを調整
アイホワイトニング白目部分のホワイトニング(濁りをなくす)
アイエンハンサー目の光沢調整
赤目除去赤目を除去
クマの除去目の下のクマ除去
眉毛の改善眉毛を改善
リップの彩度唇の彩度を調整
リップの赤み唇の赤みを調整
唇の暗色化唇の暗色化(悪目立ちを防ぐ)
歯のホワイトニング歯のホワイトニング
スキン適用量(肌をきれいにする)肌をきれいにする
光沢を除去肌の光沢(白光やてかり)を除去
肌荒れ肌荒れの改善
ボディー体型体型を変える
腹部腹部を調整
ハイキー

メインライトが被写体をわずかに露出オーバーにするハイキー照明によって表現される写真を模倣します。高いコントラストのポートレートを作りだすため、ファッションやビューティー写真でよく使用される。

適用量適用量の調整
標準ハイキー
ダイナミックハイキー
黒レベル
光沢
コントラスト
彩度
スーパーコントラスト

正確な色調のコントラストとアクセントの調整。6つのAIコントロールにより、ハイライト・中間・シャドウがより明確になります。

ハイライトコントラスト
ハイライトバランス
中間コントラスト
中間調バランス
シャドウコントラスト
シャドウバランス
カラーハーモニー華麗
暖かさ
カラーコントラスト
スプリッドカラー温度
カラーバランス
覆い焼き&焼き込み適用量比較(明)、比較(暗)、消去
ブラシサイズブラシサイズを変更
ソフト(柔らかさ)ブラシの柔らかさ
ノイズレス(拡張機能)

追加で入れる拡張機能になります。

ディテールを保ったままノイズを軽減

操作方法(動画)とレタッチしてみた例

すべて数分で行え、ほぼスライダーで調整するだけです。

LUMINER NEO操作動画

風景

太陽を追加し幻想的な風景にしてみました。

食べ物

映えさせ、よりおいしそうなレタッチ。

人物

肌をきれいに明るさアップ。

さらに、レイヤーを重ねたバージョン。

電線除去

ワンクリックで削除。

縁取り

「縁取り」機能で細部まではっきりメリハリがつきます。

アトモスフィア

「アトモスフィア」は霧を自動で作成できます。

スーパーコントラスト

スーパーコントラストでは正確な色調のコントラストとアクセントの調整可能。

PhotoshopとLUMINER NEOの違い

車で例えるなら、Photoshopは手動で編集作業を行う「マニュアル車」、LUMINAR NEOは自動で編集を行う「オートマ車」といったところです。

細かい作業を必要とする場合(入れ墨除去、大幅な変形や加工、髪の毛一本一本のレタッチ、ピクセル単位の細かい作業など)は、やはりPhotoshopが断然向いています。

とは言え、LUMINAR NEOの最大の武器は「AIの力」であり、かなり高い精度かつ短い時間で補正やレタッチができます。

LUMINER NEOが向いている範囲

「イメージ写真」「商品写真」のレタッチや合成、加工を行うさい、Photoshopよりかなりの時間短縮できるのは間違いないでしょう。

また、一日に何枚も作成しなければいけないレタッチ作業では、ある程度同じ工程を繰り返すことになります。正直、ある程度同じ工程を繰り返す場合、そこまで時間をかけてられない現実もあります。

どのようなポジションでどのようなことをするかで必要性は変わってきますが、僕自身、レタッチにおいて非常に効率的なソフトだと感じました。

数をこなす必要性がある人には、LUMINER NEOは強力です。

いくらなのか?

これだけの機能があるのでかなりの値段じゃないの?

と思いましたが、年間12,800 円 /で使うことができます。月計算だと1,066円、コスパがかなりいいです。

デザインではなく「レタッチ」「加工」以外はやらないなら、Photoshopのみのプランでよいですが、効率よく仕事数をこなして稼ぎたいならLUMINAR NEOと併用することをおすすめします。

AdobeCCPhotoshopのみの場合LUMINAR NEO
月額6,480 円 / 月2,728 /月約1,066円 / 月計算
年間77,760円 / 年間32,736円 / 年間12,800 円 / 年間

*8820円 / 初年

利用可能25個のアプリケーション利用可能PhotoshopのみLUMINAR NEOのみ
詳細リンクAdobeCCAdobe PhotoshopLUMINER NEO公式HP

 

まとめ

1枚を1日、あるいは何日何週間をかけて作りこむ必要があるなら最終的にはPhotoshopに頼る必要があります。

Photoshopがあればできることがほとんどですが、基本的には「自力」の作業になります。

*Photoshopにもレタッチ補助機能の「ニューラルフィルター」や、同じ工程をワンクリックで行えるように「アクション化」することもできます(アクション化は最初に繰り返す工程を手動で行う必要あり)。

簡単な操作で、1日何枚もレタッチするならLUMINER NEOは最適です。

LUMINER NEOはAIを最大限に活用した画像編集ができほぼ「自動」です。しかも高性能、高精度でもあります。

ただし、PhotoshopかLUMINER NEOのどっちがいいのか?というわけではありません。

この2つのアプリケーション使用者として感じたことは、状況によって使い分けることがベストであるということです。

もし👇

✓今よりレタッチ時間を短縮したい。

✓もっとレタッチ効率を上げたい。

✓簡単な操作でかつ高精度なレタッチや加工がしたい。

✓Photoshop以外の画像編集ソフトを探している。

悩んでいるならぜひ使ってみてください。

LUMINER NEO公式HP

 

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>            チュートリアル動画はもう見ましたか?

            チュートリアル動画はもう見ましたか?

                  ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。