【Photoshop】レイヤー効果

Photoshop(基本操作)

レイヤーパネル上のレイヤーサムネールまたは、レイヤー名をダブルクリックすると「レイヤースタイル」ダイアログボックスが開き、レイヤー効果を適用させることができます。

レイヤー効果を表示させる

レイヤー効果では、描画モード、不透明度、その他高度な合成やブレンド条件などを設定できます。

レイヤーを選択し、レイヤーパネルメニューもしくはパネルの「レイヤースタイルを追加」のアイコンをクリックし「レイヤー効果」を選択します。

レイヤースタイルダイアログボックスが開きますので、効果を選択し「ok」で適用されます。

レイヤーパネルに「効果」が追加されます。

レイヤーの不透明度の設定

レイヤーに不透明度を設定すると下の階層にあるレイヤー画像が透けて見えるようになります。

描画モード

重なったレイヤー同士の合成方法でさまざまな効果を適用することができます。レイヤーパネルから設定するか、レイヤーパネルの下部にある「レイヤスタイルを追加」ボタンから「レイヤー効果」内から設定ができます。

レイヤーパネル

レイヤーパネルのプルダウンメニューから効果を設定できます。

レイヤースタイルを追加

レイヤーパネル下部の「レイヤースタイル追加」ボタンをクリックします。

「レイヤー効果」を選択します。

「レイヤースタイル」ダイアログボックスが開きますので、「描画モード」のプルダウンメニューから効果を設定します。

塗りの不透明度

レイヤーのマスター不透明度では、レイラーすべての不透明度に作用しますが、「塗りの不透明度」では、「ベベルとエンボス」や「ドロップシャドウ」などのレイヤー効果には影響を与えず不透明度を設定できます。

レイヤーパネルからか、レイヤースタイルダイアログボックスを開き設定します。

マスター不透明度

「ベベルとエンボス」や「ドロップシャドウ」のレイヤー効果にも不透明度が適用されます。

塗りの不透明度

「ベベルとエンボス」や「ドロップシャドウ」のレイヤー効果には、影響を与えず不透明度が適用されます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則