【Photoshop】テキストの入力

テキストの入力はテキストツールを使用し、入力した文字は後から大きさや色、効果などの変更が可能です。

テキストの入力

文字ツールを使用し縦書き、横書きを選択して入力していきます。

ツールパネルから「横書き文字ツール」または「縦書き文字ツール」を選択します。

 

 

ウィンドウ内のテキストを入力したい位置をクリックすると、入力用の縦バーが点滅するので入力します。

 

 

テキスト入力を確定させる場合、ツールオプションバーの右にある「確定」ボタン〇をクリックします。

 

 

テキストが入力され、「レイヤー」パネルにテキストレイヤーが作成されます。

 

 

テキストエリア内に入力する

イラストレーターでの説明のように「横文字ツール」でドラッグし短形の文字エリアに入力することができます。

 

【illustrator】文字の入力、操作方法1

 

文字ツールの「横書き文字ツール」を選択します。

 

 

ウィンドウ内でドラッグしテキストエリアを作成します。作成したエリアにテキストを入力し、エリアはドラッグで大きさを変えることができます。

 

テキストの移動

テキストを移動させる場合、い「移動ツール」を選択しドラッグさせます。

 

 

テキストを選択

入力したテキストを選択する場合、テキストレイヤーのテキストを選択します。

「レイヤー」パネルの赤枠をダブルクリックします。

 

 

テキストが選択されます。

 

 

部分的にテキストを選択したい場合、「文字ツール」で選択したい部分をドラッグします。

 

 

フォントの書式やサイズを変更する

選択している文字列は、ツールオプションバーか文字パネルでフォント、スタイル、サイズ、カラー、行揃えを変更することができます。

フォントの設定

フォントを変える場合、ツールオプションバー、文字パネルのプルダウンメニューから選択します。

また、選んだフォントによって「レギュラー」「イタリック」「ボールド」「ボールドイタリック」を選択できます。

 

・ツールオプションバー

 

・文字パネル

 

フォントサイズ

フォントサイズを変更する場合もツールオプションバーか文字パネルから選択します。

サイズはプルダウンメニューから選択するか、直接マス内に入力するかで変更できます。

 

 

アンチエイリアスのレベル設定

アンチエイリアスのレベルの設定は境界線をどのようにするかになります。「なし」「シャープ」「鮮明」「強く」「滑らかに」の設定ができます。

画像ではわかりにくいですが以下のようになっています。

 

 

なし

 

シャープ

 

鮮明

 

強く

 

滑らかに

 

行揃え

文字ルールでクリックした位置を基準として行揃えの設定ができます。

横書きでは「左揃え」「右揃え」「中央揃え」、縦書きでは「上揃え」「中央揃え」「下揃え」があります。縦書き、横書きの切り替えはツールオプションバーで切り替えれます。

 

 

左揃え

 

右揃え

 

中央揃え

 

上揃え

 

中央揃え

 

下揃え

 

文字カラーの設定

文字列を選択します。

 

 

ツールオプションバーの「テキストカラーを設定」ボックスをクリックします。

 

 

「カラーピッカー(テキストカラー)」ダイアログボックスが開くので、色を決めて「OK」をクリックします。

 

 

変更されます。

 

 

また、「カラー」パネル、「スウォッチ」パネルからも同様に設定ができます。

 

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG