【WP】ワードプレス5.0の小まとめとその他の対処法

WordPress

ワードプレスのメジャーアップデート(大型アップデート)5.0で標準設定されているGutenberg(グーテンベルク)についてと、旧エディターの切り替え方法。

アップグレードを間違って、あるいはしたけど元に戻したい場合の対処方法です。

*注意:まずは必ずバックアップしておきましょう!

Gutenberg(グーテンベルク)ってどんな感じ?

基本的な構造はブロック(一つの塊)として扱いっていて、今までの操作方法とはまるで違ったものになります

 

 

そのブロックはコピペしなくても自由に上下に移動させることができます。

 

インターフェースは左上と、

 

 

右サイドにフォントサイズやカラー設定などの詳細設定配置されています。

 

 

操作性は案外直感的な感じです。

ワードプレスの公式デモサイトで実際に操作してみることができるので、アップグレードする前に一度試してみてください。

 

https://ja.wordpress.org/gutenberg/

 

現在の問題点と感じたところは、

 

・テキストカラーやバックカラーは、それぞれの文字に対してではなく、そのブロックに対して変更されてしまう。

 

・テーマ特有のショートコードなど「AddQuicktag」でのショートコードは表示されない。

 

旧エディターでは下図のように上部に作成したショートコードを自由に表示させることができました。
 

 

その他、長所短所はあるがこの2点は非常に残念。

 

細かい変更などは「Cubismer」さんが運営しているブログの「WEBUTUBUTU」での解説のようにカスタムが必要そうです・・・

 

旧エディターを使用したい場合

旧エディターがやっぱいい!って場合プラグインの「Classic Editor」をインストールすればOKです。

 

切り替えたい場合、ダッシュボードの「設定」から「投稿設定」で選択し保存すれば切り替えることができます。

 

アップグレードで不具合が起きた場合の対処

ワードプレス5.0にアップグレードしたら何かしらの不具合が出てしまった。って場合、仕様をダウングレードさせる方法があります。

*必ずバックアップはしておいてください。
 

【WP】ワードプレスプラグインをダウングレードするプラグイン「WP Rollback」

2018年7月20日

【WP】ワードプレスのバージョンをダウングレードする方法

2018年7月20日

まとめ

いつかはアップグレードしなくてはいけないだろうが・・・次のアップデートまで待ってみた方がよさそうです。しかし慣れてしまえば使いやすい機能も多いと感じました。

ただ、現段階ではほぼ試作アップグレードだろうから、上記の2つの欲しい機能が不十分なので、個人的にまだまだ旧エディターを使用します。

アップグレードは慎重に。

今回は「【WP】ワードプレス5.0の小まとめとその他の対処法」でした。

では、また次回をお楽しみに。

お疲れ様でした。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則