【WP】ワードプレスプラグインをダウングレードするプラグイン「WP Rollback」

WordPress

今回は、「導入したプラグインをアップグレードしらウェブサイトが崩れた」ときの対処方法になります。そのプラグインをそのまま「停止」すれば問題ないが、どうしても使いたい場合に「ダウングレード」で正常な時に戻すやり方です。

【WP】ワードプレスのバージョンをダウングレードする方法

2018.07.20

プラグイン「WP Rollback」をインストール

ダッシュボードの「プラグイン」から「新規追加」をクリック。

 

 

検索窓に「WP Rollback」と入力します。

 

 

「今すぐインストール」をクリック。

 

 

「有効化」します。

 

プラグイン一覧から「Rollback」をクリック

「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリック。

 

各プラグインの「設定」「停止」の横に「Rollback」が増えています。ダウングレードさせたいプラグインで「Rollback」をクリック。

 

 

バージョン一覧が表示されるので任意のバージョンにチェックを入れ、下部の「Rollback」をクリックします。今回はプラグイン「Jetpack 」を6.3に変更してみます。

 

 

確認がポップアップされるので、再度「Rollback」をクリック。

 

 

完了するまでじっと待ち「プラグインを有効化」

 

 

確認するとバージョンが6.3に変更されています。

 

まとめ

「WP Rollback」。これを使えば非常に簡単にバージョンの変更、ダウングレードができます。ただ、普段は使うことはないので使用しないときは「停止」し、少しでもウェブサイトの負担を軽くしておくとよいかと思います。