表示速度が遅く、「ウェブサイトが表示される前に閉じた」ということは、おそらく誰しも経験済みだと思います。

しかし、自分自身のサイト、ブログもそのようにされる可能性もあります。ですので「少しでも良くなれ!」という思いで導入してみました。

「EWWW Image Optimizer」の設定方法

まずは、プラグインをインストールします。WPダッシュボードにある「プラグイン」から「新規追加」を選択します。

検索窓「EWWW Image Optimizer」を入れると下記のように出てきますので、「インストール」し「有効化」していきます。下の図は「有効化」済みの画像です。

次に、ダッシュボードメニューの「設定」内にある「EWWW Image Optimizer」をクリックし設定を行っていきます。

 

【基本設定の】
「メタデータを削除」にチェックをいれます。

これにより、EXIF 、コメント、カラープロファイル、ピクセルデータではないもののすべてのメタデータが削除されます。

 

【高度な設】
「定並列最適化」にチェックを入れます。

単一のアップロードから生成されたすべてのリサイズは、最適化を迅速に行うために並列に最適化されています。ただし、これがパフォーマンス上の問題を引き起こしている場合は、並列最適化を無効にしてサーバーの負荷を軽減してください。

 

【変換設定】
「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れます。

イトまたはネットワークの管理者は、これを使用して、他のユーザーが以下の設定を迂回するメディアライブラリの変換リンクを使用できないようにすることができます。

 

最適化をしよう

ダッシュボード内の「メディア」から「一括最適化」をクリック。「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックするとスキャンが始まります

スキャンが終わると「最適化を開始」をクリックし最適化しましょう。

終了すると最適化されたものが一覧で出てきます。

以上、一括最適化できるWPプラグイン「EWWW Image Optimizer」の設定方法でした。