正確に作業を行うための機能として、定規・ガイド・グリッド・ものさしなどがあります。

定規の表示

「表示」メニューの「定規」選択しチェックを付けます。

ウィンドウの上部と左側にメモリが表示されるので、「0」の原点からマウスドラッグすると定規線を動かすことができます。

定規の単位は「編集」メニューの「環境設定」から「単位・定規」で変更できます。

ガイドの設定

ガイドは定規が表示されている状態で作業ができ補助線になります。

マウスカーソルを定規の目盛り部分からドラッグします。

・ガイドにスナップ
「表示」メニューの「スナップ」は、ブラシやペンツールの動き、選択範囲の移動などをガイドに従わせて、ペンなどの位置が多少ずれてもガイドやグリッドなど「スナップ先でチェックしたアイテムに引き寄せられて描画されます。

グリッド表示

グリッドは網目状の補助線になります。

「表示」メニューの「表示・非表示」から「グリッド」を選択します。

グリッドが表示されます。

ガイド同様に「スナップ」先で「グリッド」をオンにするとブラシやペンツールの動き、選択範囲の移動などをガイドに従わせて、ペンなどの位置が多少ずれてもガイドやグリッドなど「スナップ先でチェックしたアイテムに引き寄せられて描画されます。

ものさしツール

ものさしツールでドラッグすると直線が表示され、描画した直線はものさしツールを選択中は常に表示されます。情報パネルのは位置、長さ、角度などが表示され、自由に移動、長さの調整、角度を変更することができます。

ものさしツールを選択します。

ドラッグし距離や、角度を計測したい地点までドラッグします。また、1本目の線の端で【Alt】を押すともう1本線を引くことができます。

情報パネルには以下のように表示されます。またパネルにない場合「ウィンドウ」メニューから「情報」をクリックしてください。