作成した選択範囲は名前を付けチャンネルパネルに保存することができ、選択範囲を解除した後でも呼び出すことができます。

選択範囲を保存する

選択範囲を作成します。

「選択範囲」メニューの「選択範囲を保存」を選択します。

「選択範囲を保存」ダイアログボックスが開きますので、保存先、名前を設定し「OK」をクリックします。

チャンネルパネルに追加されます。

選択範囲を読み込む

保存した選択範囲は、選択を解除しても読み込むことができます。

「選択範囲」メニューの「選択範囲を読み込む」をクリックします。

「選択範囲を読み込む」ダイアログボックスが開きますので、チャンネル(C)から読み込むチャンネルを選択し、「OK」をクリックします。

選択範囲が読み込まれました。