【Photoshop】フィルターの適用とスマートフィルターの作成

Photoshop(基本操作)

画像をぼかしたり、シャープにしたり、変形、テクスチャなど画像効果を適用する多くのフィルターがあります。

フィルターの適用

「フィルター」メニューには、フィルターギャラリー形式のダイアログボックスを開き設定するものと、通常のダイアログボックスで設定するものや、「ぼかし」「ぼかし(強)」「雲模様」のようにダイアログボックスを表示せず実行するフィルターがあります。

今回は、「クラッキング」を適用してみます。

元画像

適用させたい画像のレイヤーを選択します。

「フィルター」メニューから「フィルターギャラリー」を選択します。

フィルターギャラリーのダイアログボックスが開くので「テクスチャ」にある「クラッキング」を選択します。

微調整はピンク枠の数値を移動させて行います。設定が終わったら「OK」をクリックします。

「クラッキング」が適用されます。

スマートフィルターの作成

スマートオブジェクトにフィルターを適用することで、フィルターの効果をレイヤーパネルで管理でき、効果の表示、非表示を切り替えたり、効果適量を後から変更することもできます。

画像を開き「フィルター」メニューから「スマートフィルター用に変換」を選択します。

ダイアログボックスが開くので、そのまま「OK」をクリックします。

下図のサムネイルの矢印部分にスマートオブジェクトのマークが表示されます。

フィルター効果を適用させていきます。今回は「点描」を適用させます。

「フィルター」メニューの「ピクセレート」から「点描」を選択します。

レイヤーパネルにスマートフィルターが作成され効果が適用されます。

効果の適量を変更する

適用させたスマートフィルターの効果の度合いを変更することができます。

効果の表示部分(赤枠)をダブルクリックします。

ダイアログボックスが開くので、変更し「OK」をクリックすると効果の度合いを変更することができます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則