【Photoshop】パターンの定義と使用

指定した選択範囲内の画像を「パターン」に定義し、「塗りつぶし」コマンドなどの描画ソースとして使用することができます。

パターンに定義

長方形選択ツールで選択した画像を「パターン」定義し、パターンを並べて塗りつぶしたり、描画することができます。

長方形選択ツールで、パターンに定義する画像を選択します。

 

 

「編集」メニューから「パターンを定義」を選択します。

 

 

「パターン名」ダイアログボックスが開くので、、名前などを入力し「OK」をクリックすると定義されます。

 

 

定義したパターンで塗りつぶし

長方形ツールなどで描画したオブジェクトを選択しツールオプションバーの塗りの部分をクリックし、定義したパターンを選択します。

 

 

または、「属性」パネルから塗りをクリックし、パターンを選択します。

 

 

オブジェクトの「塗り」に定義したパターンが適用されます。

 

 

パターンスタンプツール

コピースタンプツールのサブメニューの「パターンスタンプツール」で定義したパターンを使って描画することができます。

パターンスタンプツールを選択します。

 

 

ツールオプションバーからパターンを選択します。

 

 

クリックしながらドラッグすると定義したパターンで描画できます。

 

 

ツールオプションバー

ツールオプションバーでは不透明度などの設定ができます。

 

 

不透明度
描画色の不透明度を設定します。

流量
描画する際の色の濃さを設定します。

調整あり
ストロークごとに同じオフセットを使用して描画します。

印象派効果
印象派タッチの描画になります。

 

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG