【Photoshop】パターンの定義と使用

Photoshop(基本操作)

指定した選択範囲内の画像を「パターン」に定義し、「塗りつぶし」コマンドなどの描画ソースとして使用することができます。

パターンに定義

長方形選択ツールで選択した画像を「パターン」定義し、パターンを並べて塗りつぶしたり、描画することができます。

長方形選択ツールで、パターンに定義する画像を選択します。

「編集」メニューから「パターンを定義」を選択します。

「パターン名」ダイアログボックスが開くので、、名前などを入力し「OK」をクリックすると定義されます。

定義したパターンで塗りつぶし

長方形ツールなどで描画したオブジェクトを選択しツールオプションバーの塗りの部分をクリックし、定義したパターンを選択します。

または、「属性」パネルから塗りをクリックし、パターンを選択します。

オブジェクトの「塗り」に定義したパターンが適用されます。

パターンスタンプツール

コピースタンプツールのサブメニューの「パターンスタンプツール」で定義したパターンを使って描画することができます。

パターンスタンプツールを選択します。

ツールオプションバーからパターンを選択します。

クリックしながらドラッグすると定義したパターンで描画できます。

ツールオプションバー

ツールオプションバーでは不透明度などの設定ができます。

不透明度
描画色の不透明度を設定します。

流量
描画する際の色の濃さを設定します。

調整あり
ストロークごとに同じオフセットを使用して描画します。

印象派効果
印象派タッチの描画になります。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則