【Adobe Creative Cloud】ユーチューバーも使っている。デジタル映像の編集ができる「PremierePro」を使ってみた

Adobe Creative Cloud

Adobe Creative Cloudで使用できるツールの一つ「PremierePro」では、デジタル映像の編集ができます。

 

SNSから映画館まで

作品の種類を問わず、ハリウッドのプロと同じ映像制作ツールが利用できます。最初はブログで公開、さらにYouTubeで人気を集めて、人気のビデオグラファーになりましょう。カメラやスマートフォンから映像素材をインポートし、クリップのトリミング、タイトルの追加、オーディオの調整が可能です。直感的に使えるツールと数多く用意されたステップバイステップ形式のチュートリアルを利用すれば、素晴らしい作品がすぐに作成できます。

Adobe公式サイトより

 

今回は、細かい説明というより、感覚的に「こんなことができるんだ」という超簡潔な説明です。

というのも、自分自身もほぼ使ったことがなかったので・・・

なので、今後色々とできるようになっていったら、ちょこちょことアップしていきます。

「PremierePro」を起動

まずは立ち上げてみましょう。

立ち上げたら「新規プロジェクト」をクリック。

 

 

「名前」「保存場所」などを決定し「OK」

 

動画を読み込む

では早速動画を読み込みます。

赤枠部分ダブルクリックか、「ファイル」から「読み込み」を選択します。

 

読み込んだ動画をドラッグし「タイムライン」に表示させる

読み込んだ動画をドラッグすれば「タイムライン」に表示されます。

 

 

動画を部分的にタイムラインに表示したい場合、

オレンジ枠のカーソールで始めたい位置にセットし、赤枠のインをクリック、ストップさせたい場合再度カーソルでその位置まで移動させ、赤枠アウトをクリックします。

 

あとは、その動画を「タイムライン」にドラッグすれば、その部分だけが表示されます。

 

 

先ほどの部分的にタイムラインにドラッグした動画になります。

 

タイムラインで「エフェクト」を追加したり「テキスト」並べ、BGMを足す

動画と動画のつなぎ目に「エフェクト」内の「ワイプ」ドラッグし効果をつ追加します。

 

 

「テキスト」を入力する場合「文字ツール」を選択します。

 

 

「プログラム」で文字を入力。

 

 

「タイムライン」で挿入位置や長さをドラッグで調整し、最後にBGMを「ファイル」から読み込み同様に、「タイムライン」位置や長さをドラッグで調整

「タイムライン」はこんな感じになります。

 

 

あとは「ファイル」から「書き出し」「メディア」を選択。

 

 

「書き出し設定」をし「書き出し」で書き出すことができます。

 

 

ファイルの大きさなど分からなければ「ソースの一致」で大丈夫です。

 

完成はこのようになりました。

 

 

まとめ

今回、詳しい操作方法というより「こんな感じでこんなことだできる」というざっくりとした内容ですが、このようにタイムラインに重ねていくイメージで編集していけます。

 

 

⇩この記事が貴方のお役に立ったなら⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

1982年1月生まれA型、富山県出身で、現在東京都在住。 【簡単なプロフィール】 金融業の職に就き、四年後退社し、その後「株、FX」で生活。 始めはうまくいくものの、ある時期から資産が溶けてゆく・・・・ 方向転換でウェブ関係の仕事を始める。 現在は多数のウェブサイトの運営(当ブログも含め)をしながら生活中のグラフィックソフトと酒と猫が好きな30代です。どうぞよろしくお願いします。