【フォトショップ】「多角的選択ツール」を使い写真をポリゴン風に加工する

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップで写真を「多角的選択ツール」を使い写真を使いポリゴン風に加工する方法です。

使用画像

グリッドを表示させ「環境設定」する

最初に「表示」から「表示・非表示」「グリッド」をクリック。

 

 

次に「編集」メニューの「環境設定」から「ガイド・グリッド・スライス」を選択。

 

 

「グリッド」の設定を以下のように変更します。

 

 

もう一度「表示」メニューから「スナップ先」を選択し、

「グリッド」にチェックを入れます。

 

「多角的選択ツール」「ぼかし」「平均」を行う

「多角的選択ツール」を選択し、画像を以下のように囲い選択範囲を作成していきます。

 

 

「選択範囲」を作成したら、「フィルター」メニュー「ぼかし」「平均」を選択。

 

 

そのまま画像上で右クリック「選択範囲をコピーしたレイヤー」を選択。

 

 

「レイヤーパネル」はこのようになります。

 

 

基本的には

①「選択範囲を作成」

②「平均」

③「選択範囲をコピーしたレイヤー」

手順を繰り返し行うだけです。

 

以上の手順を簡単に行うため「新規アクション」を作成します。

「平均」「選択範囲をコピーしたレイヤー」をワンクリックで行えるようにする

まず、イーグルのレイヤーを選択

 

 

「多角的選択ツール」「選択範囲」を作成。

 

 

「ウィンドウ」メニューの「アクション」を選択。

 

 

「アクション」パネル下部の「新規アクション作成」アイコンをクリック。

 

 

分かりやすい名前を付け、

「ファンクションキー」から好きなキーを選択します。今回は「F2」を選択しました。

 

 

「記録」をクリックします。

 

 

そうしたら「フィルター」メニュー「ぼかし」「平均」を選択。

 

 

そのまま画像上で右クリック「選択範囲をコピーしたレイヤー」を選択。

 

 

ここまで行ったら、「アクションパネル」「再生/記録を中止」ボタンをクリックします。

 

 

これで「平均」「選択範囲をコピーしたレイヤー」の作成が「F2」で行えるようになりました

 

 

あとはこれを繰り返し行っていくだけです。

結構、手間はかかりますけど・・・・頑張りましょう!

 

最後に文字や背景をつけて完成

レイヤパネルのイーグルの上位に以下の4つを作成しています。

 

 

新規レイヤーを作成し「塗りつぶしツール」を選択。

 

 

カラーは以下に設定。

 

 

このようになります。

 

 

新規レイヤーを作成し、今度は「ペンツール」を選択し、「シェイプ」を選択。

 

 

赤い矢印の方向で、ポイントを作っていくと多角的な図形が作成できます。

 

 

もう一度新規レイヤーを作成し、ペンツールを「シェイプ」にし、違った方向で作成し重ね、最後にテキストを入力し完成です。

 

まとめ

工程自体は非常に単純ですが、作業は少し大変かも。

作成のコツとして、あまり大きく「多角的選択ツール」で囲ってしまうと色の変化が少なく平面的になってしまいます。細部(目やくちばしなど)は細かめに行っていくときれいになります。

また、なるべく「流れ」、例えば鳥の羽毛の流れなど、を意識して作成しましょう。