【Illustrator】スポイトツールの使い方

「スポイトツール」はオブジェクトの「塗り」の色、「線」の色「線」の形状をコピーし、別のオブジェクトに適用できます。

 

スポイトツールの操作方法その1

最初のスポイトツールの使い方を紹介します。今回の例は「塗り」が青、「線」が黒のオブジェクトに対して、「塗り」が赤、「線」が黒の破線のオブジェクトをコピーします。

コピー先のオブジェクト(適用させたいオブジェクト)を「選択ツール」で選択します。

 

選択したら「スポイトツール」をクリックします。

 

マウスポインタ―がスポイトのアイコンに変わるので、次にコピー元(コピーしたい「線」と「塗りのオブジェクト」)をクリックします。

 

これでコピー先のオブジェクトにコピー元のオブジェクトの「線」と「塗り」に置き換わりました。

 

一連の流れ

 

スポイトツールの操作方法その2

もう一つの方法は、最初にオブジェクトを選択せず「スポイトツール」を選択します。今回の例も「塗り」が青、「線」が黒のオブジェクトに対して、「塗り」が赤、「線」が黒の破線のオブジェクトに変換していきます。

スポイトのアイコンで適用させたい「塗り」と「線」を指定し設定しておきます。

 

「コントロールパネル」、「ツールパネル」、「線」パネルの設定がコピー元の設定になります。

 

適用させたい設定が確認出来たらAltキーを押します。するとスポイトの向きと先の色が変化します。

Altキーを押しながらコピー先のオブジェクトをクリックします。Altキーを押すとスポイトの向きと先端が変化します。

 

 

 

スポイトツールのアイコンをダブルクリックすると「スポイトツールオプション」が開き、コピーさせたい属性の設定ができます。

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>            チュートリアル動画はもう見ましたか?

            チュートリアル動画はもう見ましたか?

                  ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。