【AfterEffects】火の粉のような光の粒が集まってロゴを出現させる方法

【AfterEffects(アフターエフェクト)】火の粉風の光の粒が中央へ集まってロゴが出現。流れる光をつけ最後にキランとロゴの角が輝くアニメーションの作成方法です。

ロゴに流れる光を作成

新規コンポジションを作成。

 

 

ロゴデータを読み込み、

 

 

タイムラインにドラッグします。今回はAiデータを使用していますが通常の画像でもOK

 

 

【エフェクト】メニュー、

【描画】から【CC Light Sweep】を選択します。

 

 

ライトがセットされます。

 

 

「エフェクトコントロール」パネルから以下の数値に設定。

・Direction:-13.0

・Sweep Intensity:50

・Edge Intensity:0.0

・Edge Thickness:0.0

 

 

インジケーターを「0」秒に移動させます。

 

 

【Center】にキーフレームを設定。

 

 

光のラインをドラッグし左端まで移動させます。

 

 

光が消える位置まで移動させました。

 

 

インジケーターを「5」秒まで移動。

 

 

光のラインを右端からはみ出すまで移動。

 

 

光の加減を調整します。

・Width:80.0

・Sweep Intensity:60.0

 

 

これで流れる光ができました。

 

キランと輝く光を作成

【エフェクト】メニュー、

【描画】から【CC Light Rays】を選択。

 

 

「エフェクトコントロール」パネル、

【CC Light Rays】内の【Center】十字のアイコンをクリック。

 

 

右上の角にクリックでセットします。

 

 

インジケーターを「4.15」秒へ移動させます。

 

 

【Intensity】「150」にしキーフレームを設定。

 

 

インジケーターを「4」秒へ移動。

 

 

【Intensity】を「0」に変更。

 

 

インジケーターを「5」秒へ移動。

 

 

【Intensity】を「0」に変更。

 

 

これでキランと輝く光が作成できました。

 

粒が集まっていくアニメーションを作成

【新規コンポジション】を作成。

 

 

タイムラインに「Logo」をドラッグ

 

 

「Logo」レイヤーを選択【Ctrl】+Dで複製し、

複製したレイヤーを選択【Enter】を押し、名前を変更しておきます。

 

 

「Logo02」を非表示にしておき「Logo」を選択

 

 

【エフェクト】メニュー、

【シミュレーション】から【CC Ball Action】を選択。

 

 

このような表示になります。

 

 

「エフェクトコントロール」パネル、

【CC Ball Action】内の【Grid Spacing】を「0」に変更。

 

 

インジケーターを「3」秒へ移動。

 

 

【Scatter】キーフレームを設定。

 

 

インジケーターを「0」へ移動します。

 

 

【Scatter】「50.0」と入力。

 

 

これで細かい粒が集まってロゴの形になるアニメーションができました。

 

 

次にインジケーターを「0:00:02:20」へ移動させ、

【トランスフォーム】内の【不透明度】キーフレームを設定。

 

 

インジケーターを「3」秒へ移動。

 

 

【不透明度】を「0」に変更。

 

 

カメラを設定し手前から奥に遠ざかるアニメーション作成

【レイヤー】メニュー【新規】から【カメラ(Ctrl+Alt+Shift+C)】を選択。

 

 

【プリセット】「35mm」にしOK。

 

 

インジケーターを「3」秒へ移動。

 

 

【カメラ1】レイヤーの【トランスフォーム】から、

【位置】キーフレームを設定。

 

 

インジケーターを「0」へ移動させ、

【位置】Z軸の数値を「0」に変更。

 

 

ここまででこのようになりました。

 

 

回転を加える

インジケーターを「3」秒まで移動させます。

 

「Logo」レイヤーを選択。

 

 

「エフェクトコントロール」パネルの、

【CC Ball Action】から【Rotation】キーフレームを設定。

 

 

インジケーターを「0」に移動させます。

 

 

【Rotation】「180」を入力。

 

 

これで回転が加わりました。

 

 

球体を火の粉っぽくする

【CC Ball Action】【Ball Size】「30」とします。

 

 

【エフェクト】メニュー【描画】から【塗り】を選択。

 

 

【塗り】【カラー】を白に変更。

 

 

【エフェクト】メニュー【スタイライズ】から【グロー】を選択。

 

 

「エフェクトコントロール」パネルの【グロー】から以下に設定します。

・グローのしきい値:16.5

・グローの半径:20.0

・グローの強度:5.0

・グローカラー:A&Bカラー

 

カラーを以下に変更。

・カラーA:ffc00

・カラーB:ff3600

 

球体の色が変更されました。

 

 

球体の数を増やす

「Logo」レイヤーを選択し【Ctrl】+Dで複製します。

 

名前を「Logo03」に変更。変更はレイヤー上で【Enter】を押すと変更できるようになります。

 

 

「Logo03」をドラッグし「Logo」レイヤーの上に配置。

 

 

「Logo03」を選択し【CC Ball Action】から以下に設定。

・Scatter:「20」

・Ball Size:「20」

・描画モード:「加算」

 

このように球体が増えました。

 

 

「Logo02」を調整

非表示にしてあった「Logo02」を表示させ【3Dレイヤー】を有効にします。

 

 

インジケーターを「3」秒に移動させます。

 

 

【トランスフォーム】内の【X回転】キーフレームを設定。

 

 

インジケーターを「0」にして【X回転】角度「180」を入力します。

 

 

インジケーターを「2.15」秒に移動。

 

 

【トランスフォーム】内の【不透明度】「0」に変更しキーフレームを設定。

 

 

インジケーターを「3」秒に移動。

 

 

【不透明度】「100」に変更。

 

 

これで球体が集まって、それに入れ替わりロゴが出現するようになりました。

 

 

調整レイヤーを作成

【レイヤー】メニュー【新規】から【調整レイヤー(Ctrl+Alt+Y)】を作成。

 

 

【エフェクト】メニュー【ブラー&シャープ】から【ブラー(ガウス)】を選択。

 

 

「エフェクトコントロール」パネルの

【ブラー】内から【エッジのピクセルを繰り返す】にチェック。

 

 

インジケーターを「2」秒へ移動。

 

 

「調整レイヤー」内の【ブラー(ガウス)】から【ブラー】の数値を「30」にしキーフレームを設定。

 

 

インジケーターを「3」秒へ移動。

 

 

【ブラー】の数値を「0」に変更します。

 

 

【楕円形ツール】を選択。

 

 

マスクを作成。

 

 

「調整レイヤー」から【マスク】【反転】にチェックを入れて【マスクの境界のぼかし】「700」に設定。

 

 

【エフェクト】メニュー【カラー補正】から【トーンカーブ】を選択。

 

 

以下のように調整します。

 

 

流れる光のタイミングを調整

ロゴが出現しきってから光が流れるようにしたいので調整します。

「Logo」のコンポジションに切り替えます。

 

 

レイヤーの【エフェクト】内の【CC Light Sweep】から【Center】キーフレームを「0」から「3」秒手前にドラッグし移動。

 

 

【CC Light Rays】のキーフレームもドラッグし微調整。

 

 

「コンポジションA」に切り替え確認し大丈夫なら完成です。

 

動画チュートリアル

動画ではロゴの角がひかる工程を最後に行っていますが、順番は入れ替わっても問題ないです。

まとめ

今回は少し長い工程(まあまあ長い)です。これまでの、

【AfterEffects】キラキラ輝く映画タイトル風にカッコよく見せるアニメーション

【AfterEffects】光の粒が緩やかに上昇する背景アニメーション(宇宙風)

【AfterEffects】タイトルロゴ用にも使えるフレアの背景アニメーション

など、基本的に操作方法は似てるので「工程が多くて難しそう」と感じたら先に試してみてください。

今回は「【AfterEffects】火の粉のような光の粒が集まってロゴを出現させる方法」でした。

また、次回をお楽しみに。

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG