【After Effects初級】ペンツールでマスクを作成とテキストアニメーション

【After Effects(アフターエフェクト)初級編】ペンツールを使用しマスクを作成する方法。とテキストが横から出現するアニメーションの作成です。

「ペンツール」でコーヒーカップを囲う

新規コンポジションを作成。デュレーションは5秒ほどにします。

 

 

画像を読み込みます。

 

 

タイムラインに配置選択状態にします。

 

 

「ペンツール」を選択します。

 

あとはカップの周りを囲うだけです。囲い終わると自動でマスクされ背景が黒くなります。

また、フォトショップでの操作同様【Ctrl】を押しながらドラッグすれば、ハンドルやアンカーポイントを調整できます。

 

背景を作成

「レイヤー」メニューの「新規」から「平面(S)」を選択

 

 

カラーをコーヒー色にしてみました。

 

 

タイムラインのコーヒー画像の下に配置。

 

 

このようになっています。

 

 

コーヒーレイヤーの「トランスフォーム」から「位置」「スケール」を調整して配置や大きさを整えます。

 

 

左側に小さくし配置しました。

 

テキストを入力

「テキスト」を選択。

 

 

「LIFE」「begins」「after」「COFFEE」それぞれ4つのテキストレイヤーに分けました。

 

 

このようになっていますフォントスタイル、フォントサイズを調整しこのように配置されています。

 

テキストにアニメーションを作成

「アンカーポイントツール」を選択します。

 

 

【Ctrl】を押しながらドラッグしテキストの中央へアンカーポイントを移動させます。

 

 

「トランスフォーム」から「位置」を選択し①のインジケーターを移動、

次に②のアイコンクリック「キーフレーム」を作成します。

 

 

「位置」の数値を変更し、画像からフレームアウトする位置まで移動させます。

 

 

「LIFE」の文字がこの位置まで移動しています。

 

 

次にインジケーターを4秒あたりまで移動させます。

 

 

「位置」の数値を変更しもとに位置より進んだところまで移動させます。

 

 

ここまで移動させています。

 

 

さらにインジケーターを移動させます。

 

 

「位置」を一番最初の数値へ戻します。

 

 

これで「LIFE」テキストが画像の外から出現し、

位置を少し超えてから元の位置へ戻るアニメーションができました。

 

 

この要領で「begins」「after」「COFFEE」にもアニメーションをつけていきます。

*「LIFE」を右から出現するように再調整していますしカラーを変更しています。

 

背景画像を重ねる

画像を読み込みタイムラインの背景(平面)の上に配置します。

 

 

このようになっています。

 

 

レイヤーを右クリックから「描画モード」「ソフトライト」に変更。

 

 

背景色とうまくなじみました。

 

 

これで完成です。

動画チュートリアル

まとめ

ペンツールの使い方はフォトショップと変わりません。今回は簡単な画像でしたが、多少複雑なものでもペンツールでマスクできますのでぜひ覚えておこう。

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG