【AfterEffects初級編】画像の一部の煙のみ動くアニメーションを作成

After Effects(アフターエフェクト)初級編、画像の一部の煙部分だけに動きを付けるアニメーションを作成。

「パペット位置ピンツール」で煙を変形させる

新規コンポジション作成します。

 

 

画像を読み込み、大きさや配置を決定。

 

 

タイムラインにドラッグし画像を配置します。

 

 

【Ctrl】+Dを押してレイヤーをコピーせておきます。

 

 

ツールバーから「パペット位置ピンツール(Ctrl+P)」を選択。

 

 

ピンをクリックで打っていきます。

 

 

レイヤーはこのように表示されています。

 

 

インジケーターを5:00へ移動させます。

 

 

移動させたらそのまま「パペット位置ピンツール(Ctrl+P)」で先ほどのピンをドラッグさせ変形させます。

 

 

ここまででこのようなアニメーションができました。

 

「ペンツール」でマスク作成

次に煙以外の部分を静止画にするためマスクを作成していきます。

 

手を加えていないレイヤーを【Ctrl】+Dでコピーします。

*これは予備ようなのでコピーしなくてもOKです。

 

 

先ほど「パペット位置ピンツール(Ctrl+P)」で変形させたレイヤーの上にドラッグし配置します。

 

 

一番上のレイヤーを選択し「ペンツール」に切り替えます。

 

煙の部分(動きをつけない部分)を「ペンツール」で囲いマスクを作成します。

 

 

ただし、このままだとマスクした部分とアニメーションの境目がはっきりしすぎるので、マスクの境界線をぼかしていきます。

「マスクの境界のぼかしツール」を選択。

 

 

アンカーポイントドラッグすると点線が表示されます。ぼかしたい位置へドラッグ。

 

 

あとは、インジゲーターを動かしながら境界線のぼかしを微調整。

 

 

これで完成です。

チュートリアル動画

まとめ

今回の工程は非常に少なく簡単にできます。ただ使用する画像によっては、中々うまくいかない場合もあるので煙などを使用する場合、あまり広範囲に広がっていない画像が良いと思います。

今回は「【AfterEffects初級編】画像の一部の煙のみ動くアニメーションを作成」でした。

また、次回をお楽しみに。

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG