【Photoshop】写真から人物が飛び出す3D加工

フォトショップを使って、写真から画像が飛び出した3D加工の方法です。

レイヤーをコピーしベクトルマスク作成

レイヤーをドラッグしコピーします。

 

 

コピーしたレイヤーを選択し、「長方形ツール」をクリック選択します。

 

 

「レイヤー」メニューから「ベクトルマスク」ないの「すべての領域を表示」を選択します。

このとき「パス」にしておきます。

 

 

長方形ツールで写真となる部分を作成します。

 

 

長方形を描画したら、「レイヤー」メニューの「レイヤー効果」を選択します。

 

 

「レイヤースタイル」パネルが開くので、

「境界線」にチェックを入れ以下のように設定します。

 

 

このように境界線を太くしカラーは白にします。

 

 

この段階では「レイヤー」パネルは以下のようになっています。

 

 

パスを変形させ写真ぽくさせる

「レイヤー」パネルの赤枠を選択します。

 

 

「パス選択ツール」を選択し、先ほど描画した長方形を変形させます。

 

 

次に「ペンツール」を選択し、

アンカーポイントを追加しカーブをかけます。

 

 

もう一度コピーし「選択ツール」で写真から飛び出す部分を選択

元の画像をもう一度コピーし一番上に配置します。

 

 

配置したレイヤーを選択し「選択ツール」今回はクイック選択ツールを使用しました。

 

 

選択範囲を作成したら右クリックから

「選択範囲をコピーしたレイヤー」をクリックします。

 

 

このように選択範囲の部分がコピーされました。

また、不必要なレイヤーは目隠ししておきます。

 

 

画像ではこのようになっています。

 

 

背景にグラデーションを作成

「レイヤー」パネルから背景を選択します。

 

 

「グラデーションツール」を選択し、下から上にグラデーションを作成します。

 

 

写真に影を作成

最後の工程に入ります。もう少し。

「レイヤー」パネルの赤枠部分をクリック選択し、オレンジ枠をダブルクリックします。

 

 

最初に作成した境界線部分に影をつけていきます。

「ドロップシャドウ」を選択し設定します。設定は以下のようにしましたが自分が良いと思う設定で結構です。

 

 

これで写真部分の下に影ができ完成です。

 

動画チュートリアル

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG