【Photoshop】アメコミ素材・背景や文字にも使えるドット柄のパターンを作る

フォトショップを使ってドット柄のパターンを作成します。アメコミ素材として文字や背景にも使用できるので作っておくと何かと使える。

楕円形ツールで円を作成

新規ドキュメントを開き「プリセットの詳細」で以下に設定。

・幅:50px

・高さ:50px

・カンバスカラー:透明

 

 

実物大の大きさになります。

 

 

【楕円形ツール】を選択。

 

 

「塗り」は黒(使いたいカラーでOK)、「線」はなし。

 

 

何もないところで左クリックし楕円形パネルを開きます。

・幅:16px

・高さ:16px

 

 

中央に配置します。

 

 

配置したら【Alt】+ドラッグかレイヤーパネルからコピーし、

四隅に4分の1づつはみ出るようにして配置します。

 

 

レイヤーパネルは以下になっています。

 

 

「パターンを定義」する

作成したら【編集】メニューから【パターンを定義】を選択。

 

 

好きな名前を付けてOK。

 

 

こてでドット柄のパターンができました。

 

レイヤースタイルで適用

使用する場合、レイヤー赤枠をダブルクリックか、オレンジ枠から「レイヤースタイルを追加」します。

 

 

「パターンオーバーレイ」から先程作製したドットを選択。

・描画モード:オーバーレイ(用途にあわせて変更)

・不透明度:ドットの不透明度を設定できます。

・比率:ドットの大きさを設定できます。

 

 

このように適用されました。

 

 

ドット自体の色(パターンの色)を変えたい場合、

色付きのものを作成して「パターンを定義」でパターン化しておきましょう。

 

チャプターエイト

フォトショップで人物画像をアメコミ風に加工する方法です。…

チャプターエイト

フォトショップで大きい目のストライプ模様のパターンを作成する方法です。背景や文字など装飾に使用できます。少し細かい作業で…

チャプターエイト

フォトショップを使って作成する細かな線のストライプパターンを作成する方法です。…

動画

まとめ

色々と使い道がるので作成しておくとなにかと便利です。簡単に作成できるのでぜひ作ってみてください。

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>            チュートリアル動画はもう見ましたか?

            チュートリアル動画はもう見ましたか?

                  ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。