フォトショップで、映画『十戒』風に海が二つに割れ壁にようにそびえ立つレタッチをしてみました。

引きあがる波際を作成

波打ち際の画像を選択ツールで選択

 

 

選択したら【Ctrl】+J選択範囲をコピーし配置。

拡大縮小や遠近法で大きさを揃えます

 

 

それぞれの波レイヤーにマスクを作成。

 

 

マスクサムネイルを選択、ブラシツールを選択、不透明度を下げておきます。

 

 

ブラシカラーを黒に。

 

 

重なった部分を馴染ませる。

 

 

このような感じになりました。

 

 

レイヤーパネルで【Ctrl】+クリック二つを選択しコピー。名前は変更してます。

 

 

コピーしたレイヤー二つを選択。

 

 

「編集」メニューの「変形」から「水平方向に反転」

 

 

少し非対称になるように大きさを整え配置。

 

そり立つ海を作成

サーファーを消したいので「なげなわツール」で囲みます。

 

 

囲ったら右クリックから「塗りつぶし」を選択。

 

 

「コンテンツに応じる」でOK。

 

 

このように消すことができます。

 

 

では配置していこう。

 

「編集」メニューの「変形」から「拡大・縮小」「遠近法」「自由な形に」などを使用し形を整えます。

 

 

このように奥行きをつけ配置

 

 

マスクを追加マスクサムネイルを選択し、ブラシツールでマスクしていきます。

 

 

不透明度を調整しながら余分な部分をマスクします。

 

 

レイヤーパネルでコピー。

 

 

「編集」メニューの「変形」から「水平方向に反転」

 

 

右側は二つ重ねています。

 

靄を作成

新規レイヤーを作成。

 

 

ブラシツールを選択し、カラーを地面の色に合わせ、不透明度を下げる。

 

 

中央を中心にブラシ。

 

 

こんな感じです。

 

波しぶきを作成

まず、建物を中央に配置。

 

 

 

では、「靄」の下新規レイヤーを作成

 

 

 

ブラシツールの白にし、「はね」を選択。

 

 

波の上側にクリックしながら描画していきます。

 

人物を配置

女性(人物)を配置。マスクを作成し、「色相・彩度」「露光度」「トーンカーブ」で調整。

 

 

新規レイヤーを作成し女性に影をつけます。

 

 

ブラシの黒で不透明度を下げ描画。

 

「逆光」をつける

一番上の「靄」レイヤーを選択し、

「フィルター」メニューの「描画」から「逆光」を選択。

 

 

中央付近に光が行くように調整。

 

 

このようになりました。

 

波際に影を作成

波レイヤーのサムネイルを選択「レイヤースタイル追加」アイコンから「レイヤー効果」を選択。

 

 

「ドロップシャドウ」を選択し調整。

 

 

それぞれの波レイヤーも同様に影を作成します。

 

 

このように波際に影ができました。

 

 

霧レイヤーを選択【Shift】+【Ctrl】+【Ait】+Eで表示されているレイヤーのスクリーンショットを作成。

 

 

最後に「色相・彩度」で調整。

 

 

 

これで完成です。

 

 

チュートリアル動画

まとめ

今回、工程自体は単純だけれど、素材探しが面倒だった・・・

色合いや人物なは好みでOKですのでもっとカッコよくやってみよう。

今回は「映画『十戒』のように海が二つに分かれたレタッチ」でした。

また次回お楽しみに。