Photoshopのブラシツールをメインに塗り絵のように白黒写真をカラー写真にしていくレタッチ方法です。

「ノイズ軽減」「ぶれの軽減」

元画像をコピーしておき「フィルター」メニューの「ノイズ」から「ノイズ軽減」と、

 

 

同じ「フィルター」メニューの「シャープ」から「ぶれの軽減」で下処理しておきます。

 

ブラシで色を塗っていく

新規レイヤーを作成「ブラシツール」を選択。

カラーを設定しブラシしていきます。はみ出した部分は「消しゴムツール」で消し整えていきましょう。

 

 

レイヤーパネルで描画モード「ソフトライト」に変更。

 

 

このようになりました。

 

 

・・・・

 

・・・・

 

・・・・

 

実は、やることはほぼこれの繰り返しになります。

まずは鎧を完成させました。

 

 

レイヤー名を「鎧」に変更し、それぞれのパーツごとに新規レイヤーを作成し色を塗っていきます

 

 

塗り終えたレイヤーパネルはこのようになっています。

 

 

最終で必要に応じて「色相・彩度」「カラーバランス」「露光度」「トーンカーブ」「レベル補正」などで調整。

 

 

最後に【Ctrl】+【Shift】+【Alt】+Eスクリーンショットを作成したら完成です。

 

チュートリアル動画

まとめ

この方法以外にもそれぞれのパーツごとに「ペンツール」で「選択範囲を作成しコピー

 

 

「色相・彩度」「カラーバランス」「露光度」「トーンカーブ」「レベル補正」などでダイレクトに調整し行うこともできますが、

今回の写真では「ブラシツール」で「ソフトライト」にしていく方がしっくり来たのでこの方法で行いました。

写真ごとにやりやすいやり方を選んで行ってみてください。

今回は「白黒写真を「ブラシツール」を使ってカラー写真にするレタッチ」でした。

また次回お楽しみに。