フォトショップを使ってエネルギーエフェクトを作成し、躍動感を演出させました。

切り抜き

スケボー男性を選択ツールペンツール選択

 

 

右クリックから「選択範囲をコピーしたレイヤー」を選択。

 

背景を作成

新規レイヤーを作成「塗りつぶしツール」、カラーをにし、クリックで塗りつぶします。

 

 

「レイヤー1」の下に配置。

 

 

新規レイヤー3作成

 

 

「フィルター」メニュー「描画」から「雲模様1」を選択。

 

 

このようになります。

 

 

「レイヤー3」コピーします。

 

 

「フィルター」メニュー「変形」から「渦巻き」を選択。

 

 

角度50に変更しOK。

 

 

ここまででこのようになります。

 

 

「レイヤー3のコピー」コピーします。

 

 

「編集」メニュー「変形」から「水平方向へ反転」を選択。

 

 

続けて「編集」メニューから「変形」から「垂直方向へ反転」

 

 

ここまでで画像はこのようになります。

 

 

「レイヤー3のコピー2」「比較(暗)」に、【Shift】+クリック3つのレイヤーを選択し、右クリックから「レイヤーの結合」を選択します。

 

 

 

 

結合した「レイヤー3のコピー2」をコピーします。

 

 

「フィルター」メニュー「描画」から「雲模様2」を選択。

 

 

このようになります。

 

 

【Ctrl】+I反転させます。

 

 

「フィルター」メニュー「変形」から「渦巻き」を選択。

 

 

角度を50にしてOK。

 

 

「レイヤー3のコピー3」「乗算」に変更、

【Shift】+クリック2つを選択し右クリックから「レイヤーの結合」

 

 

ここまででレイヤーパネルはこのようになります。

 

 

画像はこのようになっています。

 

背景続き2

「レイヤー3のコピー3」を選択します。

 

 

【Ctrl】+Tで選択し拡大します。

 

 

拡大したら「レイヤーマスク追加」し、マスクサムネイルをクリックし選択します。

 

 

「ブラシツール」を選択し、硬さを調整

 

 

ブラシカラー黒にし、調整しながら人物の周りにブラシをかけます。

 

 

新規レイヤーを「レイヤー2」の上に配置します。

 

 

フィルター」メニュー「描画」から「雲模様1」を選択。

 

 

【Ctrl】+Tで選択し先ほどの大きさくらいに拡大します。

 

 

続けて「フィルター」メニュー「変形」から「渦巻き」を適用。

角度は50でOK。

ここまででこのようになります。

 

 

「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンから「レベル補正」を選択。

 

 

出力レベルを55:200に変更。

 

 

不透明度を10%に変更します。

 

 

このようになります。

 

 

新規レイヤーを「レイヤー1」の下に作成。

 

 

「フィルター」メニュー「描画」から「雲模様1」を選択し適用。

適用させたら【Ctrl】+Tで選択し拡大

 

 

「レイヤー4」をコピーし、「フィルター」メニュー「変形」から「渦巻き」角度は50で適用。

「レイヤー4のコピー」「スクリーン」に変更し、【Shift】+クリックで2つを選択、右クリックから「レイヤーを結合」

 

 

ここまででこのようになります。

 

背景の続き3

結合させた「「レイヤー4のコピー」マスクを作成マスクサムネイルを選択します。

 

 

ブラシツールの黒人物の周りにブラシを加えます。

 

 

不透明度を50%に変更。

 

 

このようになります。

 

背景と人物を馴染ませる

「レイヤー1」を選択しサムネイルを【Ctrl】+クリックし選択範囲を読み込みます。

 

 

「選択範囲」メニューの「選択範囲を変更」から「縮小」を選択。

 

 

縮小量を5pixelにしOK。

 

 

選択範囲が縮小されました。

 

 

そのままもう一度「選択範囲」メニューの「選択範囲を変更」から、今度は「境界をぼかす」を選択。

 

 

ぼかし半径を30pixelにしOK。

 

 

このように選択範囲の境界線をぼかします。

 

 

そのままマスクを追加「属性」パネルで濃度を50%に変更します。

 

 

人物と背景を馴染ませました。

 

 

「レイヤー1」をコピーし、【Ctrl】 + 【Shift】 + 【U】を押し「彩度」を下げます

 

 

このようになります。

 

 

「フィルター」メニューの「その他」から「ハイパス」を選択。

 

 

半径27ほどに調整しOK。

 

 

このように変化しました。

 

 

「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンから「明るさ・コントラスト」を選択。

 

 

「属性」パネルで「自動」をクリック。

 

 

次に「レベル補正」を選択。

 

 

数値を調整。

 

 

「レイヤーのコピー」「オーバーレイ」に変更。

 

 

ここまででこのようになります。

 

 

以下の4つのレイヤーを【Shift】+クリックで選択し、「新規グループ作成」します。

 

 

グループレイヤーにマスクを作成します。

 

人物に輝きを作成

グループレイヤーを選択したまま「レイヤー1」赤枠サムネイルを【Ctrl】+クリックし選択範囲を読み込みます。

 

 

そのまま「選択範囲」メニューの「選択範囲を変更」から「縮小」

 

 

縮小量を5pixelでOK。

 

 

選択ツールを選択した状態で右クリックから「選択範囲を反転」するか、【Ctrl】+【Shift】+Iで反転させます。

 

 

反転させたらもう一度「レイヤー1」サムネイルを【Ctrl】+【Alt】+【Shift】+クリックし選択範囲を追加で読み込みます。

 

 

するとこのように2つの選択範囲が交差し読み込まれます。

 

 

「レイヤー1」の赤枠サムネイルを選択し【Ctrl】+Jで選択範囲をコピーします。

 

 

作成された「レイヤー4」をドラッグし「グループ1」の上位へ配置します。

 

 

コピーされた画像は選択範囲と選択範囲の間の部分になります。

*わかりやすいように目隠ししてあります。

 

 

「レイヤー4」を選択し「フィルター」メニューの「ぼかし」から「ぼかし(ガウス)」を選択。

 

 

半径:7.0に変更しOK。

 

 

描画モード「覆い焼(リニア)-加算」に変更。

 

 

 

・・・・

・・・・

・・・・

 

疲れてきましたか?

もう少しでゴールなので頑張ろう!

 

 

新規レイヤーを作成し一番上に配置し、「レイヤー1」サムネイルを【Ctrl】+クリックし選択範囲を読み込みます。

 

「塗りつぶしツール」を白にし、選択範囲内をクリックし塗りつぶします。

 

 

このように塗りつぶされました。

 

 

「レイヤー5」コピーします。

 

 

「フィルター」メニューの「ぼかし」から「ぼかし(ガウス)」を選択。

 

 

半径を100pixelに変更。

 

 

 

「レイヤー5のコピー」をドラッグし「グループ1」レイヤーの下に配置します。

 

 

「レイヤー5」を選択。

 

 

「フィルター」メニューの「ぼかし」から「ぼかし(ガウス)」を選択。

 

 

半径を250pixelに変更。

 

 

「レイヤー5」をドラッグし「レイヤー5コピー」の下に配置。

 

 

ここまででこのようになりました。

 

調整し完成

いよいよ最後の工程に入ります。

「レイヤー4」を選択し「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンから「カラーバランス」を選択。

 

 

「属性」パネルでそれぞれを調整。

 

 

次に「トーンカーブ」を選択。

 

 

「レッド」「グリーン」「ブルー」を調整。好みで数値は変わってくると思います。

 

 

「トーンカーブ」をドラッグし「カラーバランス」の下に配置。

 

 

次に「色相・彩度」を調整。

 

 

 

「レベル補正」で調整。

 

 

最後に【Ctrl】+【Alt】+【Shift】+Eを押しスクリーンショットを作成します。

 

 

「フィルター」メニューの「その他」から「ハイパス」を選択。

 

 

半径:4.0pixelに変更。

 

 

描画モード「ビビットライト」に変更したら完成です!

 

 

チュートリアル動画

まとめ

複雑な作業はそこまでないですが、似たような工程を繰り返し微調整していくので難易度:中級にしました。画像が違えば微調整も変わってきますが、工程自体は同様でできますのでぜひ挑戦を。

今回は「エネルギーエフェクトを加え躍動感を演出する(難易度:中級)」でした。

また次回をお楽しみに。

お疲れ様でした。