フォトショップを使って、水中を作るウォーターエフェクトです。記事最後に今回使用した画像がダウンロードできますので、ぜひトライ。

水面を切り抜き、水中作成

「長方形ツール」を選択し、使用したい部分を囲います。

 

 

画像上で右クリックし「選択範囲を反転」させます。

 

 

このように反転します。

 

反転させたら【Delete】キーを押し不要な部分を削除します。

 

 

切り抜いた水面を部屋の画像(old-room)にドラッグします。

 

 

このようになります。

 

 

「レイヤーパネル」で赤枠(waters)を選択し、オレンジ枠の「レイヤーマスクを追加」をクリックします。

 

 

作成したマスクをクリック選択します。

 

 

ブラシツールを選択し、カラーは「黒」で、ブラシの「硬さ」「不透明度」は以下のように設定します。

 

 

設定したら、下図の赤枠部分を消していきます。

 

 

次に、「新規レイヤーを作成」でレイヤーを作成します。

 

 

作成したら「長方形ツール」を選択し、下図のように長方形を作成します。これが水中になる部分です。

 

 

そのまま「編集」メニューから「塗りつぶし」を選択します。

 

 

「カラー」に設定し、色を水面に近い色に設定します。

 

 

設定したら、「レイヤーパネル」で「不透明度」を下げ水中に近い透明度にします。

 

 

ここまでで、画像はこのようになっています。

 

 

次に、水面画像と水中画像のつなぎ目を修正します。

 

 

「ベクトルマスクを追加」をクリックします。

 

 

「レイヤーパネル」で追加したマスクをクリック選択し、「ブラシツール」で修正します。

 

 

ここまでで「レイヤーパネル」はこのようになっています。

 

 

画像はこのようになっています。

 

人物、ペンギン、魚、トランクを配置、「Camera Raw フィルター」で調整、影を作成

画像を切り抜きます。今回は車輪部分が複雑なので「ペンツール」で切り抜きを行っています。切り抜きまでのチュートリアルは割愛します。

 

 

画像を以下の位置に配置し、赤枠のマスクをクリック選択します。

 

 

選択したら「ブラシツール」で人物が水中に入って見えるように修正していきます。細かい部分はブラシの大きさなど調整し行います。

 

 

このようになります。

 

 

次に、人物が明るすぎるので「Camera Raw フィルター」で調整します。「レイヤーパネル」で人物を選択します。

 

 

「フィルター」メニューから「Camera Raw フィルター」を選択します。

 

 

基本補正で以下の数値に設定します。正直ここは、もっとうまくできたと思うが、、、多少妥協しています、、、

 

 

次にバイクと人物の足元に影をつけます。

 

 

新規レイヤーを作成し、「レイヤーパネル」の人物の下に配置します。

 

 

「ブラシツール」を選択し、カラーは黒にし、「不透明度」を下げておきます

 

 

先ほどの赤枠の足元部分をマウスドラッグし影を作成します。

 

 

ここまででこのようになります(水位は多少調整しています)。

 

 

この要領で同じようにトランク、ペンギンを配置、「Camera Raw フィルター」で調整、影を作成を行います。また魚には影はつけていません。ペンギンは人物での手順のように水面から半分だしています。

 

「レイヤーパネル」ではこのようになっています。

 

 

画像はこのようになっています。

 

表示レイヤーを統合コピー、「Camera Raw フィルター」で調整、「Nik Collection・Viveza2」で調整

「レイヤーパネル」【Shift】を押しながらレイヤーをクリックし、表示レイヤーすべてを選択します。選択したら【Ctrl】+ 【Alt】 + 【E】を押します。

 

 

すると選択したレイヤー全てを統合したレイヤーがコピーされます。

 

 

統合したレイヤーを選択し、「フィルター」メニューから「Camera Raw フィルター」を選択します。

 

数値を以下のように調整します。

 

 

最後に「フィルター」メニューの「Nik Collection」内の「Viveza2」をクリックし、数値を以下のように調整します。

 

 

 

これで完成です。使用した素材はダウンロードできるようにしてあります、また切り抜き済みの画像を入っていますので、ぜひトライを。