【Photoshop】デジタルグリッチ加工とグリッチテキストを作成する方法

Photoshopを使用して画像が乱れたようなグリッチ加工を行っていきます。

 

 

アナグリフ加工

最初はアナグリフ画像を作成していきます。

「女性モデル」レイヤーを【Ctrl】+Jでコピーします。

 

 

コピーしたレイヤーを選択しダブルクリックで【レイヤースタイル】パネルを開きます。

 

 

チャンネルのRのチェックを外します。

 

 

画像(女性レイヤーのコピー)を右へずらして移動させます。

 

 

次に下のレイヤ(女性モデル)を選択し、ダブルクリックで【レイヤースタイル】パネルを開きます。

 

 

チャンネルのGとBのチェックを外します。

 

 

画像(女性レイヤー)を少し左にずらします。

 

 

ここまででアナグリフを作成できました。

 

長方形選択ツールで画像をずらす

女性レイヤーのコピーを選択した状態で、

【Ctrl】+【Shift】+【Alt】+Eで表示レイヤーをスタンプ(表示レイヤーを一枚にしたレイヤー)します。

 

 

このように表示レイヤーを一枚にしたレイヤーが作成されました。

 

 

【長方形選択ツール】を選択。

 

 

スライドしずらしたい個所を選択します。

 

 

【Ctrl】+矢印キーで左にスライドさせます。

 

 

別のスライドさせたい個所を選択。

 

 

【Ctrl】+矢印キーで右にスライドさせます。

 

 

この作業を繰り返し行いこのようになりました。

 

 

横縞の線を作成

画像に横縞をいれてより乱れた画像感にしていきます。

新規レイヤーを作成。

 

 

【Ctrl】+【Delete】キーでレイヤーを塗りつぶします。

 

 

このとき背景色で塗りつぶされるので背景色は白にしておきます。

手前が描画色で後ろが背景色になります。

 

 

右クリックから【スマートオブジェクトに変換】しておきます。

 

 

 

【フィルター】メニュー【フィルターギャラリー】を選択。

 

 

【スケッチ】内の【ハーフトーンパターン】を選択。

・サイズ:1

・コントラスト:5

パターンタイプ:線

 

 

このように表示されました。

 

 

レイヤーパネルから【塗り】を20%に変更(不透明度でもOK)。

 

 

ここまででこのようになっています。

 

 

新規塗りつぶしレイヤー(パターン)を適用

先程と違うタイプの横縞を作成し、さらにより乱れた画像感に仕上げていきます。

【レイヤー】メニュー【新規塗りつぶしレイヤー】から【パターン】を選択します。

 

 

そのままOK。

 

 

赤枠の矢印をクリックしドロップダウンメニューから【従来のデフォルトパターン】の青枠のパターンを選択。

*従来のパターンが見つからない場合の対処方法はチュートリアル動画に4:55あたりを参照ください。

 

 

【比率】でサイズを調整しOK。

 

 

レイヤーパネルから、

・描画モード:焼きこみカラー

・不透明度:20%

 

 

ここまででこのようになりました。

 

 

ノイズを加える

新規レイヤーを作成。

 

 

【Ctrl】+【Delete】キーでレイヤーを塗りつぶします。

 

 

【Ctrl】+Iで黒に反転させます。

 

 

右クリックから【スマートオブジェクトに変換】しておきます。

 

 

【フィルター】メニュー【フィルターギャラリー】を選択。

ノイズを加える際、黒塗りレイヤーなので描画色を黒、背景色を白にしてください。逆になっている場合、黒塗りレイヤーに粒子フィルターの「スプリンクル」が表示されないのでご注意ください。

 

 

【テクスチャ】内の【粒状】を選択。

・密度:40

・コントラスト:50

粒子の種類:スプリンクル

 

 

もう一度【粒状】を同じ値で適用させます。

 

 

このようなノイズができています。

 

 

さらに【フィルター】メニュー【フィルターギャラリー】を選択。

【スケッチ】内の【クレヨンのコンテ画】を選択。

・描画レベル:11

・背景レベル:7

・拡大縮小:100%

・レリーフ:4

・照射方向:上へ

 

 

・描画モードを:ソフトライト

・不透明度:20%

 

 

これで人物の加工が出来上がりました。

 

 

テキストをアナグリフ加工

人物の上にテキストを作成します。

 

 

フォントは好きなものを使用してください。

 

 

右クリックから【スマートオブジェクトに変換】します。

 

 

【Ctrl】+Jでコピーし、コピーしたレイヤーを選択します。

 

 

ダブルクリックから【レイヤースタイル】パネルを開きます。

チャンネルのRのチェックを外します。

 

 

【光彩(外側)】を選択。

・描画モード:通常

・不透明度:50%

・ノイズ:0%

・テクニック:さらにソフト

・スプレッド:0%

・サイズ:35%

 

 

テキストを右に少しずらします。

 

 

下段のレイヤーを選択しダブルクリックで【レイヤースタイル】パネルを開きます。

 

 

チャンネルのGとBのチェックを外します。

 

 

【光彩(外側)】を選択。

・描画モード:通常

・不透明度:50%

・ノイズ:0%

・テクニック:さらにソフト

・スプレッド:0%

・サイズ:35%

 

 

長方形選択ツールでスライドさせる

上段のレイヤーを選択。

 

 

【長方形選択ツール】でスライドさせたい個所を選択します。

 

 

【Ctrl】+矢印キーで移動させます。

 

 

これを繰り返し行い、完成です。

 

 

テクスチャを重ねる

テクスチャ配置します。

 

 

テキストの上に配置し、

・描画モード:ソフトライト

・不透明度:35%

 

 

 

お疲れ様でした!

これで完成です。

 

 

 

チュートリアル動画

まとめ

基本的な工程変わりませんが、使用する画像によって設定数値や描画モードなどを変え微調整しながら行ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
>『人気の動画』はもう見ましたか?

『人気の動画』はもう見ましたか?

ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。