【フォトショップ】被写界深度を浅くし、対象物にフォーカスをあてたコラージュ合成

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップで被写界深度を浅くし、対象物にフォーカスをあてたコラージュ合成。

今回使用した画像

選択範囲を作成し「マスク」、配置。

「選択ツール」で選択範囲を作成します。

今回は「クイック選択ツール」を使っています。

 

 

「レイヤーパネル」から、

「レイヤーマスクを追加」アイコンをクリック。

 

 

この作業を「少女とヤギ」「丘」「キノコ」同様に行い「風景」を足します。

「蝶」「ハット」「カメ」はすでに切り抜かれているので行っていません。

「レイヤーパネル」でこのように配置します。

 

 

画像ではこのように配置しました。

 

「風景」以外をグループ化し、新規レイヤーで「影」を作成する

【Shift】を押しながらクリックし「風景」以外を選択し。

「新規グループ作成」アイコンをクリックしグループ化します。

 

 

このようにグループ化されました。

 

 

グループ内の一番下に「影(新規レイヤー)」を作成します。

 

 

「少女とヤギ」「猫」の下に「ブラシツール」の黒でをつけます。

「不透明度」を下げておきましょう。

 

 

 

次に「少女とヤギ」マスクアイコンクリック選択

 

「ブラシツール」からペン先を草に変更、草に埋もれたように描画します

 

 

同様に「猫」マスクアイコンクリック選択し

 

 

「ブラシツール」、ペン先を草にし描画します。

 

 

このように、草に埋もれ自然な感じになります。

 

 

次に、「キノコ」「丘」根元を修正します。

 

先ほどと同様にマスクアイコンクリック選択

「ブラシツール」ペン先は丸いものに変更消したい部分をドラッグしていきます。

 

 

このように遠近感に違和感がなくなりました。

 

 

今度は「蝶」「ハット」も作成していきましょう。

 

まずは「蝶」の下に「手の影(新規レイヤー)」を作成し配置します。

 

 

配置したら「少女とヤギ」マスクアイコン上で、

【Ctrl】+クリック選択範囲を読み込みます

 

 

このように「少女とヤギ」の選択範囲が作成されます。

これで蝶の影をブラシで作成したとき、はみ出すことはなくなります

 

 

 

次は「ハット」に影を作成します。

 

「ハットの影(新規レイヤー)」を作成し、

 

 

「ブラシツール」でハットの下に影をつけていきます。

ここまでで画像はこのようになります。

 

「照明効果」で光の当たり具合を調節

「少女とヤギ」レイヤーを選択します。

 

 

「フィルター」メニューから、

「描画」「照明効果」を選択します。

 

 

「スポットライト」対象物の左上くらいにドラッグして調整します。

 

 

「属性パネル」で、数値を変更します。

 

 

「猫も同様に、左上くらいにスポットライトをドラッグし調整します。

 

ここまでで画像はこのようになります。

 

「虹彩絞りぼかし」で風景をぼかし対象物を際立たせる

「レイヤーパネル」「風景」「丘」「キノコ」を表示させ、

それ以外は目隠ししておきます。

このとき「風景」はドラッグしてグループの中に入れておきましょう。

 

 

「レイヤーパネル」右クリック「表示レイヤーを統合」します。

 

 

統合した「風景 丘 キノコ」レイヤーを選択。

 

 

「フィルター」メニュー「ぼかしギャラリー」「虹彩絞りぼかし」をクリック。

 

 

ドラッグサークルを移動させ、

「ぼかし」7PXほどに調整します。

 

 

ここまでで画像はこのようになります。

 

「猫」をレベル補正で調整、「フィルター」を適用

「レイヤーパネル」「猫」レイヤーを選択。

 

「イメージ」メニュー、「色調補正」「レベル補正」を選択し微調整します。

この部分は、画像によって変わってくるので数値などは割愛します

 

 

 

グループを予備用にコピーし目隠ししておきます。

 

 

「グループ1のコピー」を選択し、

「レイヤーパネル」で右クリック、「スマートオブジェクトに変換」

 

 

このように「スマートオブジェクト」に変換されました。

 

 

では、ようやく最後です。

 

「フィルター」メニューから、

「Nik Collection」「ColorEfexpro4」を選択。

 

 

「ウォームサンセット」を選択し、

 

 

以下の数値に調整。

 

 

 

これで完成です。

 

 

まとめ

基本的な合成は、「光」「影」「遠近感」を調整すれば「それっぽく」合成できてしまうので、色々組み合わせてやってみると成長していくと思いますので、ぜひチャレンジ。

また、「Nik Collection」が表示されていなければ、

【フォトショップ必須フィルタ】必ず実装すべきフィルター「Nik Collection」のダウンロードから使用感まで

2018.04.15