【Photoshop】顔のパーツが飛び出る3Dエフェクト

フォトショップで画像の一部が飛び出す、スクエア3Dエフェクトの作成方法です。

チュートリアルのキャプチャ画像が多いので大変そうに感じますが、工程は案外単純です。

ステップ1・長方形ツール、選択範囲コピー、カラーオーバーレイ

今回使用した画像

 

まず最初に、「長方形選択ツール」で飛び出させたい箇所を囲っていきます。この際、「Shift」を押しながら囲っていけば、複数個所を選択できます。

 

 

選択し終えたら、画像上で「右クリック」、「選択範囲をコピーしたレイヤー」で切り抜き部分を複製します。

 

 

上記で切り抜いたレイヤーをコピーし複製します。レイヤーパネルは以下のようになります。

 

 

次に、赤枠の「レイヤー1」を選択し、上部ある「レイヤー」「レイヤースタイル」「レイヤー効果」を選択します。

 

 

「レイヤースタイル」内の「カラーオーバーレイ」を選択し、赤枠をクリックし黒色にします。

 

 

次に、「ベベルとエンボス」を調整します。今回は以下のように「深さ・168」「サイズ・1」「角度30」にしました。

 

ステップ2・レイヤースタイルで調整

レイヤーパネルの「レイヤー1のコピー」を選択し、上部の「レイヤ」から「レイヤースタイル」「レイヤー効果」をクリック。

 

 

「ベベルとエンボス」を以下の値に調整します。「深さ・100」「サイズ・4」「角度30」にしてみましたが、角度は60の方がしっくりくるかもしれません。任意で調節してみてください。

 

 

ここまでで、レイヤーパネルは以下のようになっています。

ステップ3・遠近法と拡大

レイヤーパネルの「レイヤー1のコピー」を選択し、右側へずらしていきます。


 

ある程度ずらし位置を決定したら、上部の「編集」を選択し「変形」内の「遠近法」で上下に伸ばし遠近感をつけていきます。

 

 

任意の角度で、決定したら画像上で右クリック、あるいは先ほどの手順で「拡大・縮小」を選択し、あなたのお好きな長さに伸ばしてください。

 

 

遠近、拡大が終わったら、そのレイヤーを2つ複製します。レイヤーパネルは以下のようになっています。

 

ステップ4・ぼかし(放射状)

レイヤーパネルの「レイヤー1のコピー3」を選択し、上部の「フィルター」内の「ぼかし」を選択し、さらにその中の「ぼかし(放射状)」を選択します。

 


 

「ぼかしの中心」はドラッグで変更できるので放射させたい位置に調整します。

 

 

今回は「量」を100にしました。

 

 

次に、先ほどの「レイヤー1のコピー3」の直下の「レイヤー1のコピー2」を同じように「ぼかし」をつけていきます。今度は「量」を40にしています。

 

 

決定したら、このレイヤーの位置と大きさを調整していきます。まずは、位置を下図の赤ラインまで移動させ、次に上部「編集」から「変形」「拡大・縮小」を選択し、画像のふちまで伸ばしていきます。

 

 

 

 

「ハアー、ちょっと疲れたので一休み、一休み」と思ったら、もう完成です。

 

 

どうも、お疲れさまでした。

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG