【illustrator】「パスファインダー」パネルと「パスファインダー」効果

Illustrator(基本操作)

「パスファインダー」を使うと、重なっているオブジェクトから新しい形状のオブジェクトを作成できます。パスファインダーによる変形は、「効果」メニューの「パスファインダー」と、「パスファインダー」パネルの2通りの方法があります。

「パスファインダー」パネルと「パスファインダー」効果の違い

「パスファインダー」パネルによる変形は、実際にパスの形状を変形させ、一度変形したオブジェクトは「編集」メニューの「取り消し」でしか戻せません。

一方「効果」メニューの「パスファインダー」は、ライブ効果としてオブジェクトの見た目(アピアランス)だけを変形させますので、「アピアランス」パネルで効果を解除すれば、オブジェクトを元に戻せます。

「効果」の「パスファインダー」を使う場合オブジェクトをグループ化しておく必要があります。オブジェクトによっては「パスファインダー」パネルでは適用できても、「効果」の「パスファインダー」からは適用されない場合があります。

「追加」「合体」

複数のオブジェクトのアウトラインから1つのオブジェクトを作成します。「塗り」「線」は一番前面にあるオブジェクトの「塗り」「線」の色が適用されます。

オブジェクトを選択します。

「効果」メニューの「パスファインダー」から「追加」、または「パスファインダー」パネルの「合体」をクリックします。

「追加」「合体」が適用されます。

「交差」

「交差」は、2つのオブジェクトの重なった部分を残し、新しいオブジェクトを作成します。重なったオブジェクトの前面のオブジェクトの「塗り」「線」がペイント設定になります。

重なったオブジェクトを選択します。

「効果」メニューの「パスファインダー」パネルから「交差」または、「パスファインダー」パネルの「交差」を選択します。

「交差」が適用されます。

「前面オブジェクトで型抜き」

「前面オブジェクトで型抜き」は、背面オブジェクトを前面のオブジェクトと重なっている部分で型抜きした複合オブジェクトを作成します。

オブジェクトを選択します。

「パスファインダー」パネルの「前面オブジェクトで型抜き」、または「効果」メニューの「パスファインダー」から「前面オブジェクトで型抜き」を選択します。

「前面オブジェクトで型抜き」が適用されます。

「中マド」効果

「中マド」効果は、選択したオブジェクトの重なっている部分を透明にする複合オブジェクトを作成します。

オブジェクトを選択します。

「パスファインダー」パネルの「中マド」、または「効果」メニューの「パスファインダー」から「中マド」を選択します。

「中マド」効果が適用されます。

「分割」効果

「中マド」効果は、選択したオブジェクトの重なっている部分を、複数のオブジェクトに分割し、作成したオブジェクトは、グループ化されます。

オブジェクトを選択します。

「パスファインダー」パネルの「分割」、または「効果」メニューの「パスファインダー」から「分割」を選択します。

「分割」効果が適用されます。

「刈り込み」効果

「刈り込み」効果は、選択したオブジェクトの中で同じ色の「塗り」のオブジェクトのアウトラインから1つのオブジェクトを作成します。

同じ色の「塗り」のオブジェクトは、重なり方によって、独立したオブジェクトとなります。作成したオブジェクトはグループ化されて「線」のペイントはなくなります。

オブジェクトを選択します。

「パスファインダー」パネルの「刈り込み」、または「効果」メニューの「パスファインダー」から「刈り込み」を選択します。

「刈り込み」効果が適用されます。

「合流」効果

「合流」は「刈り込み」と同じようにオブジェクトを作成しますが、同じ色の「塗り」のオブジェクトは1つのオブジェクトになります。作成したオブジェクトはグループ化され「線」のペイントはなくなります。

オブジェクトを選択します。

「パスファインダー」パネルの「合流」、または「効果」メニューの「パスファインダー」から「合流」を選択します。

「合流」が適用されます。

「切り抜き」効果

「切り抜き」は、選択したオブジェクトの中で一番前面のオブジェクトで、それより背面のオブジェクトの重なっている部分を切り抜きます。作成したオブジェクトは、グループ化されています。

オブジェクトを選択します。

「パスファインダー」パネルの「切り抜き」、または「効果」メニューの「パスファインダー」から「切り抜き」を選択します。

「切り抜き」が適用されます。

「アウトライン」効果

「アウトライン」は、選択したオブジェクトの重なっている部分のパスを分割し、複数のオープンパスを作成します。

オブジェクトを選択します。

「パスファインダー」パネルの「切り抜き」、または「アウトライン」メニューの「パスファインダー」から「アウトライン」を選択します。

「アウトライン」が適用されます。

「背面オブジェクトをで切り抜き」

「背面オブジェクトをで切り抜き」は、選択したオブジェクトの前面のオブジェクトを背面オブジェクトとと重なっている部分で型抜きした複合オブジェクトを作成します。

オブジェクトを選択します。

「パスファインダー」パネルの「背面オブジェクトをで切り抜き」、または「アウトライン」メニューの「パスファインダー」から「背面オブジェクトをで切り抜き」を選択します。

「背面オブジェクトをで切り抜き」が適用されます。

「濃い混植」(「効果」メニューのみ)

「濃い混植」は、選択したグループオブジェクトの重なっている部分の色を、カラーの最大値で混色します。

グループ化されたオブジェクトを選択します。

「効果」メニューの「パスファインダー」パネルの「濃い混植」を選択します。

「濃い混色」が適用されます。

「薄い混色」(「効果」メニューのみ)

「薄い混色」は、選択したグループ化されたオブジェクトの重なっている部分の色を、薄い色が上になったように混色します。

グループ化されたオブジェクトを選択します。

「効果」メニューの「パスファインダー」から「薄い混色」を選択します。

「薄い混色」ダイアログボックスが開きますので、設定して「OK」をクリックします。

「薄い混色」が適用されます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則