【Illustrator】「線幅ツール」の使い方

「線幅ツール」は、線の幅を部分的に変更することができます。

線幅ツールと線幅プロファイル

線幅ツールを使用すると、部分的にパスの幅選を変更できます。

 

ドラッグして線幅変更でき、【Alt】を押しながらドラッグすると片方だけを変更できます。

 

 

また、線幅ポイントをダブルクリックすると「線幅ポイントを編集」が開きます。

 

側辺1(S)・側辺2(D)
パスの左右の幅を指定できます。

全体の幅(O)
全体の幅を指定します。

隣接する線幅ポイントを調整(A)
チェックを入れると、隣接している線幅ポイントの線幅も調節されます。

線幅ポイントはドラッグで重ねることもでき、重ねた線幅ポイントをダブルクリックすると2つの編集ができます。

 

 

線幅プロファイルの登録
任意で変形させた線幅は登録することができます。

まずオブジェクトを選択します。

 

すると上部のコントロールパネルに表示されるので赤枠をクリックし、青枠の「プロファイルに追加」を選択します。

 

 

「可変線幅プロファイル」が開くので、任意で名前を付け「OK」すれば追加されます。

線の色と線幅の設定

描画ツールを使って線だけを描画する場合、「塗り」をなしにし、線をかいていきます。「線」には色だけではなく、パターンやグラデーションも適用できます。

 

線幅を設定する場合、赤枠で太さの設定をします。

 

 

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>            チュートリアル動画はもう見ましたか?

            チュートリアル動画はもう見ましたか?

                  ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。