【Illustrator基礎】配置の補助機能/定規/ガイド/スマートガイド/グリッド/スナップ

オブジェクトをアートボードにきれいに配置するときに補助となる機能が「定規」「ガイド」「スマートガイド」「グリッド」「スナップ」になります。

定規

「定規」はウィンドウあるいはアートボードの上端と左端に目盛りを表示させガイドを引くときの目安になります。メニューバーの「表示」ないの「定規」から「定規を表示」で表示されます。

 

 

「表示」内の「定規」から「アートボード定規に変更」すると、選択しているアートボードの左端、上端が0に変更できます。定規の目盛り上で右クリックすると目盛りの単位を変更できます。

 

 

 

「ビデオ定規」は、選択しているアートボードの左と上に表示します。

 

 

ガイド

「ガイド」は縦横の垂直線と水平線に自由な位置に引くことができる線です。定規を表示させ定規からドラッグして表示や定規上でダブルクリックでも表示させることができます。配置したガイドを削除する場合ガイドをドラッグで定規に戻すか選択してDeleteキーで削除できます。すべてのガイドを一括で削除したい場合「表示」メニュー「ガイド」から「ガイドを削除」で行えます。

 

*作成したガイドはWeb用画像に書き出しても印刷しても表示されることはありません。

 

ガイドを動かないようにロックしたい場合「表示」メニュー「ガイド」から「ガイドをロック」で固定でき、非表示にしたい場合「ガイドを隠す」で表示非表示が可能です。

 

 

図形からガイドを作成

「長方形ツール」などを用いて図形を描いた後、その図形をガイドに変更することもできます。

ガイドにしたい図形を選択し「表示」メニュー「ガイド」から「ガイドを作成」をクリックするとその図形の形のガイドが作成できます。元の図形に戻す場合「ガイドを解除」で元に戻ります。

 

スマートガイド

図形などのオブジェクトをマウスドラッグしたとき、他のオブジェクトの端、中央、水平垂直位置が一致したとき自動的に表示されるガイドになります。

 

 

「表示」メニュー「スマートガイド」のチェックのオンオフで表示非表示が切り替わります。また「編集」メニュー「環境設定」の「スマートガイド」から「スナップ許容値」で、どの程度近づいたらスマートガイドを表示するかを設定できます。

 

グリッド

「グリッド」はワークスペース上に水平線と垂直線が等間隔に引かれる格子になります。

 

 

「表示」メニュー「グリッドを表示」でグリッドを表示できます。非表示にする場合、同じメニューから「グリッドを隠す」で非表示にできます。

 

 

グリッドの間隔や線の色など変更したい場合「編集」メニュー「環境設定」の「ガイド・グリッド」で設定できます。

スナップ

「スナップ」は図形などのオブジェクトを、ほかのオブジェクトやガイド、グリッドの近くに寄せたときピタッと合わさる(吸着する)ように配置する機能です。「表示」メニュー「ポイントにスナップ」で機能がオンになります。

 

 

「ポイントにスナップ」は移動しているマウスポインターが他のオブジェクトのアンカーポイントやガイドに近づくとスナップします。スナップしている状態ではマウスポインターの矢印が黒から白にに変化し、ウィンドウに下に「スナップ」と表示されます。

 

 

その他「グリッドにスナップ」「ピクセルにスナップ」も同様に、それぞれに近づくとスナップします。

 

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>            チュートリアル動画はもう見ましたか?

            チュートリアル動画はもう見ましたか?

                  ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。