【フォトショップ】破れた写真のように加工する方法

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップで写真を破れたように加工する方法です。

使用画像

「なげなわツール」で選択範囲を作成し【Delete】で削除

まず、レイヤーパネルに画像を以下のように配置し「boy」レイヤーを選択。

 

 

「なげなわツール」を選択しフリーハンドで破れを作成していきます。

 

 

選択範囲を作成したら【Delete】キーで削除します。

 

ギザギザでリアルな破け感を表現

「boy」レイヤーを選択したまま、「消しゴムツール」を選択。

 

 

ブラシ先端を「チョーク」にし、サイズを調整

 

 

「シェイプ」を選択し「角度のジッター」30%に設定。

 

 

以下のように破けを表現していきます。

 

 

ここまででこのようになります。

 

新規レイヤー(ブラシ)を作成し破けた写真の質感を表現する

「新規レイヤー(ブラシ)」を作成し、「boy」「コンクリート」の間に配置します。

 

 

「ブラシツール」を選択し、先端を「チョーク」、「60px」に設定。

 

 

「シェイプ」を選択し「角度のジッター」30%に設定。

 

 

カラーを白に近いグレーに。

 

 

破けた部分に以下のように描画していきます。

 

 

ここまででこのようになります。

 

 

ドロップシャドウを追加

「boy」「ブラシ」レイヤーを【Shift】を押しながら二つのレイヤーを選択し、右クリックから「レイヤーの統合」を選択。

 

 

統合したレイヤーを選択し、下部の「レイヤースタイル追加」から「ドロップシャドウ」を選択。

 

 

ドロップシャドウの数値を以下のように変更。

 

 

このように影が作成され立体感だ出ました。

 

テキストを入力

最後にテキストを追加します。

「新規レイヤー」を作成し「コンクリート」の上に配置。

 

「レイヤースタイル追加」アイコンから「レイヤー効果」を選択。

以下のように設定し、コンクリートになじむようにします。

 

 

上手くなじませる方法は以下の記事を参考に。

【Photoshop】「レイヤー効果」だけで超簡単に文字や画像を背景になじませる方法

2018.05.20

 

 

これで完成です。

 

 

チュートリアル動画

まとめ

今回は非常に簡単な工程ですのでぜひ挑戦を。