【Photoshop】ゼロからレザー素材や革テクスチャを作成する方法

Photoshopの機能を使いレザー素材・革のテクスチャをゼロから作成する方法です。

 

レザーの色を作成

【背景】を選択し【塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成】から【べた塗り】を選択。

 

 

*このとき【背景】の鍵マークをクリックし「レイヤー」にしておいても問題ありません。

 

 

カラーは黒にしておきます。いつでも色は変えられるので。

 

レザーの模様を作成

【新規レイヤー】を作成します。

 

 

描画色を白にして【塗りつぶしツール】で塗りつぶします。

 

 

塗りつぶしたら、描画色を黒に戻します。

 

 

【フィルター】メニュー【フィルターギャラリー】を選択。

 

 

【テクスチャ】内の【ステンドグラス】を選択。

・セルの大きさ:9

・境界線の太さ:4

・明るさの強さ:3

 

 

このような模様が作成されました。

 

 

【新規レイヤー】を作成します。

 

 

描画色を白にして【塗りつぶしツール】で塗りつぶします。

 

 

塗りつぶしたレイヤーの【不透明度】を50%に変更。

 

 

描画色を黒に戻します。

 

 

もう一度【フィルター】メニュー【フィルターギャラリー】を選択。

 

 

【テクスチャ】内から【ステンドグラス】を選択し先程と同じ数値で設定。

・セルの大きさ:9

・境界線の太さ:4

・明るさの強さ:3

 

 

ここまででこのような模様ができました。

 

 

この工程で作成したレイヤーを【Shift】+クリックで2つとも選択し【Ctrl】+Eキーで結合させます。

 

 

このように結合しました。

 

 

次に、【選択範囲】メニューから【色域指定】を選択。

 

 

スポイトが表示されたら白い部分を選択。

・許容量:200

 

 

白い部分が選択されました。

 

 

【Ctrl】+Ⅹキーで選択範囲を削除。

このように模様部分だけが残ります。

 

 

レイヤーをダブルクリックし【レイヤースタイル】を開きます。

 

 

【ベベルとエンボス】を選択。

・スタイル:ベベル(外側)

・テクニック:滑らかに

・深さ:84%

・方向:下へ

・サイズ:2px

・ソフト:0px

・角度:120°

・高度:0°

・ハイライトのモード:スクリーン(カラーは白)

・不透明度:50%

・シャドウのモード:乗算(カラーは黒)

・不透明度:10%

 

そのまま【フィルター】メニュー【ぼかし】から【ぼかし(表面)】を選択。

 

 

・半径:40pixel

・しきい値:115レベル

 

 

レイヤーパネルから、

・描画モード:乗算

・不透明度:95%

・塗り:75%

 

レザーの質感を作成

【新規レイヤー】を作成します。

 

 

描画色を黒【塗りつぶしツール】で塗りつぶします。

 

 

【フィルター】メニュー【ノイズ】から【ノイズを加える】を選択。

 

 

・量:20%

・分布方法:均等に分布

・グレースケールノイズにチェック

 

 

レイヤーパネルから【描画モード】を【ソフトライト】に変更。

 

光沢を作成

【新規レイヤー】を作成。

 

 

描画色を白にして【グラデーションツール】を選択。

 

 

白から透明グラデーションを選択し、【円形グラデーション】に設定します。

 

 

中央付近大きめにグラデーションを作成。

 

 

・描画モード:ソフトライト

・不透明度:50%

 

 

ここまででこのようななりました。

 

色変更と調整

色変更したい場合【べた塗り】調整レイヤーをダブルクリックし【カラーピッカー】で変更。

 

 

最後に光沢や明るさを強くしたい場合【トーンカーブ】で調整。

 

 

お疲れ様でした。これで完成です。

 

チュートリアル動画

まとめ

皮素材がなかなか見つからないとき、簡単にできるのでぜひ試してみてください。

最新情報をチェックしよう!
>『人気の動画』はもう見ましたか?

『人気の動画』はもう見ましたか?

ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。

CTR IMG