【illustrator】「スウォッチ」パネルの操作

Illustrator(基本操作)

「スウォッチ」パネルでは、よく使用する色を登録でき、またグラデーションやパターンも登録することができます。

「スウォッチ」パネルの概要

「スウォッチ」パネルは下部のボタンを使って、スウォッチの管理ができます。

スウォッチライブラリメニュー
初期設定以外のスウォッチやパターン、グラデーションを設定し使用でjきます。

スウォッチの種類メニューを表示
表示するスウォッチの種類を選択できます。

スウォッチオプション
選択したスウォッチの「スウォッチオプション」が開き、名称やタイプ、色を編集できます。また「グローバル」にチェックを入れると、スウォッチの色を編集した際に連動してオブジェクトに適用した色が更新されます。

このオプションを有効にした色は「グローバルプロセスカラー」と言います。チェックを外すと、スウォッチの色を編集しても、オブジェクトの色は変わらず、このオプションが無効な色は「非グローバルプロセスカラー」といいます。

新規カラーグループ
新規カラーグループを作成します。オブジェクトを選択しクリックすると、オブジェクトに含まれるカラーを含んだカラーグループを作成します。

新規スウォッチ
「カラー」パネルで選択されている色をスウォッチに登録します。登録するとき「新規スウォッチ」のダイアログボックスが開き名称など設定できます。また「カラー」パネルからドラッグしても登録することができます。


「スウォッチ」パネルの表示方法も設定することができます。

グローバルカラースウォッチで一括でカラー変換する

オブジェクトにグローバルカラースウォッチを適用しておくと、スウォッチの色の編集に連動してオブジェクトに適用した色を一括で変更できます。

オブジェクトを選択し、スウォッチパネルから色を選んでダブルクリックします。

「グローバル」にチェックを入れOK。

下図の赤枠のように「グローバルプロセスカラー」のアイコンになります。

「グローバルプロセスカラー」をダブルクリックし、もう一度色を変更します。このときに「プレビュー」にチェックを入れておくとリアルタイムで色の適応が分かります。

色を調整して「OK」で色が適用されます

選択オブジェクトからカラーグループを作成する

カラーグループを作成するオブジェクトを選択します。

選択したら「スウォッチ」パネルの「新規カラーグループ」をクリックします。

名前などを付けOKをクリックします。

すると下図のようにカラーグループが作成されます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則