【illustrator】シンボルの使い方

Illustrator(基本操作)

よく使う図形やオブジェクトは、シンボルインスタンスとして「シンボル」パネルに登録できます。

シンボルの登録

「シンボル」を登録する場合、オブジェクトを「シンボル」パネルにドラッグ&ドロップするか、オブジェクトを選択し、F8キーを押すか、「シンボル」パネルの「新規シンボル」のアイコンをクリックで登録できます。

オブジェクトを選択し、「シンボル」パネルにドラッグ&ドロップします。

「シンボルオプション」が開くので、名前を付けて「OK」。

登録されます。

ドラッグで配置することができます。

「シンボル」パネルの概要は以下のようになっています。

シンボルライブラリメニュー(赤枠)
シンボルライブラリから様々なシンボルが利用できます。

シンボルインスタンスを配置(オレンジ枠)
「シンボル」パネルで選択したシンボルを配置します。

シンボルのリンクを解除(黄色枠)
配置したシンボルは、「シンボル」パネルとリンクしています。通常のオブジェクトに戻す場合クリックして解除します。また上部の「リンク解除」からもできます。

シンボルオプション(緑枠)
「シンボルオプション」ダイアログボックスが開きます。

新規シンボル(茶色枠)
選択したオブジェクトをシンボルとして登録します。

「シンボルスプレーツール」でシンボルを配置

「シンボルスプレーツール」を使うと、そのマウス軌道跡にたくさんのシンボルを配置することができます。

「シンボル」パネルからシンボルを選択します。

「シンボルスプレーツール」を選択します。

マウスドラッグで配置していきます。

「シンボルスプレーツール」で配置したシンボルは1つのセットで扱われます。

また「シンボルスプレーツール」アイコンをダブルクリックすると「シンボルツールオプション」が開きます。

直径(D)
スプレーのサイズを調整できます。

強さ(I)
数値を大きくすると、シンボルを配置する速度が速くなります。

シンボルセットの密度(S)
数値を大きくすると配置されるシンボルの密度が高くなります。

スクランチ(C)
元のシンボルサイズに基づいた密度

スクリーン(E)
透明度100%

サイズ(Z)
元のシンボルの大きさ

ステイン(T)
現在の「塗り」の設定色

スピン(N)
マウスの効く方向

スタイル(Y)
現在のグラフィックスタイル

シンボルの編集

シンボルを編集する場合「シンボル」パネルに登録したシンボルインスタンスをダブルクリックします。編集モードに切り替わるのでシンボルの色や形状など編集できます。

「シンボル」パネルで編集したいシンボルをダブルクリック、または配置したシンボルを選択し、上部の「シンボルの編集」をクリックします。

編集モードに変わるので色など編集します。

終わったら左上にある「シンボル編集モードを解除」の矢印をクリックすると完了します。

シンボルセットの編集

「シンボルスプレーツール」で配置したシンボルセットは、他のシンボルツールで編集できます。

シンボルシフトツール
ドラッグした方向へ移動させます。

シンボルスクランチツール
マウスボタンを押(押し続けた)した位置にシンボルを集めます。

シンボルリサイズツール
ドラッグで範囲内のシンボルを拡大します。

シンボルスピンツール
ドラッグで範囲内のシンボルを回転させます。

シンボルステインツール
ドラッグで範囲内のシンボルに「塗り」で設定した色を適用します。

シンボルスクリーンツール
ドラッグで範囲内のシンボルを透明にします。

シンボルスタイルツール
ドラッグで範囲内のシンボルにグラフィックスタイルを適用します。今回は赤枠を適用しています。

シンボルを他のシンボルに換る

配置したシンボルを「シンボル」パネルの他のシンボルに置き換える場合、シンボルセットを選択して「シンボルを置換(R)」で換えられます。

シンボルを選択します。

「シンボル」パネルから選びクリック、次に赤枠をクリックで「シンボルを置換(R)」を選択します。

すると、置換ることができます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則