【illustrator】グラデーションの作成方法

Illustrator(基本操作)

グラデーションは好きな色を合わせて作成することができ、不透明度も設定できるようになっています。

グラデーション作成・編集

新規でグラデーションを作成する場合や適用済みのものを編集する場合は、「グラデーション」パネルで行います。

「グラデーション」パネルは「ウィンドウ」メニューから「グラデーション(【Ctrl】+F9)」を選択します。

赤枠の開始点、終了点をダブルクリックすると、「カラー」パネルが開くので、色の設定を行います。またオレンジ枠で「カラー」パネル、「スウォッチ」パネルの切り替えができます。

このように、グラデーションになります。上記の黒枠のドラッグでグラデーションの中間の位置を調整できます。

種類
種類には「線形」と「円形」の2種類があります。

「円形」の場合、縦横比の設定ができ円から楕円などに変更ができます。

角度
グラデーションの角度を編集できます。

通常は「0°」になっています。「90°」にした場合下図のように上下のグラデーションになります。

開始点、終了点、中間点の設定
それぞれのグラデーションスライダーをドラッグすることで開始点の位置、終了点の位置、中間点の位置を変更することができます。

また、「グラデーションスライダー」は増やすことも減らすこともできます。赤枠部分をクリックすると増やすことができ、減らす場合は選択しゴミ箱アイコンをクリックで減らすことができます。

不透明度の設定
開始点や終了点をクリックで選択し、不透明度を設定できます。

終了点を選択し「不透明度」を30%にした場合下図のようになります。

「線」のグラデーション適用

線に対してどのようなグラデーションを適用するかを設定できます。

適用させるオブジェクトを選択し、「グラデーション」パネルの「線」カラーアイコンをクリックして選択します。

すると、3つの選択ができるようになります。

・オブジェクトのバウンディングボックスに対してグラデーションがかかり、また角度指定も可能になります。

・線端から線端に向かってグラデーションがかかります。

・線の幅方向(パスに対して垂直)にグラデーションがかかります。

「グラデーションツール」を使ったグラデーション

グラデーションツールでは、オブジェクト上でプレビューしながらグラデーションの大きさ、角度などが設定できます。

使い方は、オブジェクトを選択し「グラデーションツール」をクリックします。

すると、スライダーが表示されます。

スライダーをドラッグで、縦横斜め、大きさなど、グラデーションの調節が行えます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則