【illustrator】パスの構造、仕組

描画用のツールで描いた線や図形は、パスと呼ばれる線となり、そのパスの構造を説明します。

オブジェクトとアートワーク

イラストレーターで何かを作成するとき、描画ツールを使用して線や図形を描画します。作成物によっては写真などを貼り付けます。このように描画ツールで描いた線や図形、貼り付けた画像などをオブジェクトと呼びます。

 

 

上記のように線や図形を描画して、そのオブジェクトを変形、編集などし組み合わせて絵を作成していきます。そのようにして作成した絵をアートワークと呼びます。

 

 

パスの仕組み

【アンカーポイントとセグメント】
描画した線や図形は、パスと呼ばれる線と点で構成されます。パスは、アンカーポイントと呼ばれる点で結ばれ、点と点の間の部分をセグメントと呼びます。

 

【スムーズポイントとコーナーポイント】
曲線のセグメントをつないで両方向に、一直線に方向線(ハンドル)の出るアンカーポイントをスムーズポイントと呼ばれます。また、連結しているセグメントのどちらかが直線のセグメントのアンカーポイントを、コーナーポイントと呼ばれます。

 

 

曲線の曲がり具合は、方向線(ハンドル)という補助線の角度と長さによって決められます。方向線が長ければ曲線の曲がりは大きくなり、短いほど小さくなります。

 

オープンパスとクローズパス

両端はしが開いているパスは、オープンパス、閉じているパスは、クローズパスと呼ばれます。

 

 

オブジェクトの線と塗り

オブジェクトは、パスの色(線)とパスの内部の色(塗り)をそれぞれ個別に設定できます。


 

オブジェクトの重なり順

初期状態では、新しいオブジェクトは最前面に作成されます。

 

 

ツールパネルの赤枠の設定によって最背面に作成したり、オブジェクト内部に描画もできます。

 

 

また選択したオブジェクトを「右クリック」し「重ね順」から変更することもできます。

 

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG