【フォトショップ】ゼロから「セロハンテープ素材」を簡単に作成する方法

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップでゼロから「セロハンテープ素材」を簡単に作成する方法です。

「長方形選択ツール」でセロハンテープの基を作成

新規レイヤー(セロハン)を作成します。

 

 

「長方形選択ツール」を選択。

 

 

長方形を描画します。

 

 

そのまま、「塗りつぶしツール」を選択。

 

 

カラーは以下に設定。

 

 

先ほど「長方形選択ツール」内をクリックし塗りつぶします

 

セロハンテープに少し角度をつける(この工程は無しでもOK)

もう一度「長方形選択ツール」を選択し、セロハンテープの半分を選択します。

 

 

そのまま「編集」メニューの「自由変形」を選択。

「編集」メニュー「変形」から「自由な変形」でもOK。

 

 

少し傾け、方向キーでつなぎ目がずれないように調整します。

 

 

このようになります。

 

「セロハンテープのギザギザ作成」「コピー」「レベル補正」「消しゴムツール」

セロハンテープのギザギザ部分を作成します

「多角的選択ツール」を選択。

 

 

ギザギザに選択(拡大しています)。

 

 

選択したら【Delete】キーを押し削除。もう片方も同様にします。

 

コピーし「レベル補正」

レイヤーパネルで「セロハン」をコピーします。

 

 

コピーしたレイヤーを選択し、「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」から「レベル補正」をクリック。

 

 

「出力レベル」を調整します。

 

「消しゴムツール」でセロハンテープに濃淡をつける

コピーしたレイヤーを選択したまま「消しゴムツール」を選択。

 

 

「硬さ」「不透明度」50%に設定。

 

 

以下のように、直線的にドラッグし濃淡をつけます。

 

 

このように出来上がります。

 

二つのレイヤーを統合

最後にレイヤーパネルで「セロハン」「セロハンのコピー」を【Shift】を押しながら選択、右クリックから「表示レイヤーを統合」します。

 

 

これで、完成です。

あとは、使いたいときに大きさや角度を変え使用すればOKです。

 

その際「不透明度」を下げ半透明にすればセロハンテープを表現できます。今回は、「不透明度」を70%に下げて使用しました。

 

 

おまけ

また、使用する際「レイヤー」メニュー「レイヤースタイル」内の「パターンオーバーレイ」を選択し、

 

 

パターンを適用すればさまざまな柄のセロハンテープが作成できます。

 

チュートリアル動画

まとめ

画像のレタッチ、加工だけではなくこのように画像に使う「素材」を作成することもできるので、今後も紹介していきます。