【Photoshop】蛍光ブラシの作り方と使用例

Photoshop(フォトショップ)のブラシツールで描いた線を簡単に蛍光色にする方法です。

*使用例

蛍光ブラシ作成

新規レイヤーを作成します。

 

 

ダブルクリックして【レイヤースタイル】を開きます。

 

 

光彩(外側)を選択。

・描画モード:覆い焼き(リニア)-加算

・不透明度:85程

・カラー:好きな色で

・テクニック:さらにソフト

・スプレッド:0(自由)

・サイズ:14px(自由)

 

 

「OK」し、準備完了。

 

 

【ブラシツール】を選択、描画色は白。

 

 

ブラシの硬:0%

 

 

あとは描くだけ。

簡単に蛍光ブラシが出来上がります。

 

使用例

ギターを縁取りしていきます。

ブラシで描画、あるいは【ペンツール】で線を描く場合、描画色は白で「シェイプ」に変更し、「塗り」適用しないで「線」だけ。

 

 

はみ出した部分や不要な部分はマスクし「ブラシツール」で消す(隠す)かそのまま消しゴムツールで消してください。

 

 

次に服も同じように行います。

 

 

パンツも同じように。

 

最後に雷を追加してみました。

雷の作成方法はこちらの記事で。

チャプターエイト

フォトショップを使って、5ステップで雷のようなテクスチャを作成する方法です。…

 

 

テキストも同様に蛍光にしてみます。

テキストを入力。

 

 

「新規レイヤー」を作成。

 

 

【Ctrl】+クリックで選択範囲を読み込み。

 

 

選択ツール(なんでもOK)を選択し、右クリックから【境界線を描く】。

 

 

・幅:7px(自由)

・カラー:白

・位置:中央

・描画モード:通常

・不透明度:100%

 

 

テキストの境界線がブラシで描画されました。

 

 

あとは同様に【レイヤースタイル】で【光彩(内側)】を適用。

 

 

このようになりました。

 

 

テキストレイヤーを非表示にすれば縁だけになります。

 

チュートリアル動画

まとめ

非常に簡単に蛍光にすることができます。使い方もいろいろアレンジできるので色々遊んでみてください。

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>『人気の動画』はもう見ましたか?

『人気の動画』はもう見ましたか?

ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。