フォトショップでズームしながら背景が動くアニメーションgifの作成方法3

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップでビルがズームしながら空の背景が動くアニメーションgifの作成方法です。

今回使用した画像

レイヤーコピー、選択ツール、消去、塗りつぶし

「レイヤーパネル」でレイヤーを「新規レイヤーを作成」へドラッグしコピーします。

 

 

先ほどコピーしたレイヤーを選択します。このときもう一つは目隠ししておきます。

 

 

「選択ツール」で空の部分を選択していきます。今回は「クイック選択ツール」を使用しています。

 

 

選択したら「Delete」キーを押して空の部分を削除します。

 

 

「レイヤーパネル」ではこのようになっています。

 

 

次に、先ほど目隠ししたレイヤーを選択し、もう一方を目隠ししておきます。

 

 

「選択ツール」でビルを囲っていきます。このときは、きっちりではなく大まかに囲っていきます。今回は「多角的選択ツール」を使用しています。

 

 

囲ったら、「編集」メニューから「塗りつぶし」を選択します。

 

 

「コンテンツに応じる」にし「OK」をクリック。

 

 

すると、先ほど囲ったビルが空になじむように塗りつぶされます。

 

 

では、今の手順を繰り返し、すべてのビルを塗りつぶしこのようにします。

 

「スマートオブジェクト」に変換、拡大

「レイヤーパネル」でレイヤーを選択し「右クリック」から「スマートオブジェクトに変換」します。2つのレイヤーに行います。

 

 

空が切り抜かれたビルのレイヤーを選択します。

 

 

「編集」メニューから「変形」内の「拡大・縮小」を選択します。

 

 

一回りほど大きくし「Enter」で確定します。

 

 

次に、塗りつぶした空のレイヤーを選択し同様に拡大し「Enter」で確定します。

 

 

分かりやすいように名前を「sky」に変えておきました。

 

タイムライン、「ビデオタイムライン」

ビルのレイヤーを選択し「ウィンドウ」メニュー「タイムライン」をクリックします。

 

 

パネルの下部に表示されるので、「フレーム」「ビデオタイムライン」にします。

 

 

そのまま「ビデオタイムライン作成」をクリックします。

 

 

表示されたら、赤枠の矢印をクリックします。

 

 

このように開くので、開いたら現在の時間が「0:00:00:00」になっているか確認し、「変形」の赤枠部分のストップウォッチアイコンをクリックします。もしなっていなかった場合、「0:00:00:00」にしておきます。

 

 

次に、「時間インジケーター」を右方向にドラッグして「05:00f」まで移動させます。移動させたら「変形」菱形のアイコンをクリックし、キーフレームを追加します。

 

 

このようになります。

 

 

次に、「レイヤーパネル」ビルのレイヤーを選択した状態で、「編集」メニューから「変形」内の「拡大・縮小」を選択します。

 

 

選択したら大きさを最初の大きさに戻し【Enter】で確定します。

 

 

次に空の「sky」レイヤーを選択します。

 

 

「タイムライン」「時間インジケーター」「0:00:00:00」に戻し

 

 

「sky」先ほどと同様の手順「変形」ストップウォッチをクリック、「時間インジケーター」右方向にドラッグして「05:00f」までもっていき、菱形をクリック。キーフレームを追加します。

 

 

「レイヤーパネル」「sky」を選択した状態で、今度は「移動ツール」を選択します。

 

 

「移動ツール」を選択したら、空の画像を流れる方向へドラッグさせます。ここまででやったら完成です。

 

 

では、さっそく「再生」してうまくいっているか確認しましょう。

 

書き出し

問題なく完成していたら「ファイル」メニューから「書き出し」内の「Web用に保存」し書き出したら出来上がり。

*ファイルサイズが大きく表示に時間がかかったので、縮小と圧縮をしていますので画質が悪くなっています。

 

実際にやってみるとそこまで複雑な手順ではないのでぜひ挑戦を。

お疲れ様でした。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則