フォトショップを使用し苺を輪切りにし、果汁が噴き出すそ広告風にレタッチする方法です。

背景を作成

背景を選択し「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンから「べた塗り」を選択。

 

 

カラーを設定(後から色合いを見て変更します)。

 

 

背景が変わりました。

 

 

中央部分を白くしていきます。

新規レイヤーを作成し、背景の上位に配置

 

 

「ブラシツール」を選択しカラーを白にし、硬さを0%に設定。

イチゴの背景中央部分が白くなるようにワンプッシュ

このようになりました。

 

イチゴをカットする

イチゴの大きさ、角度を調整。

 

 

イチゴをみずみずしくしたいので「色相・彩度」「露光量」をで調整。

 

 

これをグループ化右クリックから「スマートオブジェクトに変換」

 

 

イチゴをコピー(予備用)し右クリックから「レイヤーをラスタライズ」

 

 

では、ここから輪切りにしていきます。

ラスタライズしたイチゴレイヤーを選択、「ペンツール」でこのように囲います。

 

 

右クリックから「選択範囲を作成」

 

 

【Ctrl】+Xを押し「ピクセルをカット」します。

このように表示されています。

 

 

レイヤーパネルはこのようになります。

 

 

そのまま【Ctrl】+V「ペースト」します。

 

 

レイヤーパネルはこのようになりイチゴがカットされています。

 

 

この要領で「ペンツール」「選択範囲を作成」し【Ctrl】+X・【Ctrl】+Vでカットしていきましょう。

 

 

レイヤーパネルはこのようになっています。

 

イチゴの断面を作成

一番下のカットされたイチゴの断面をまずは作成。

新規レイヤーを作成

 

 

「楕円形ツール」を選択。

 

 

イチゴより暗めの色で楕円を作成。

 

 

大きさ角度を合わせレイヤーパネルで位置をイチゴの下に配置。

 

 

マスクをかけはみ出した部分などブラシの黒で消していきます。

 

 

新規レイヤーを作成し断面に影を作成していきます。

楕円形レイヤーのサムネイルを【Ctrl】+クリックし選択範囲を読み込みます。

 

 

「ブラシツール」不透明度を下げ影を塗っていきます。

 

イチゴの切り口に輪郭を作成

新規レイヤーを作成。

 

 

「ブラシツール」を選択しカラーを断面より濃いめに設定、

ブラシサイズを10PXほどに設定します。

 

 

「ペンツール」に変更し切り口のふちに合わせます。

 

 

右クリックから「パスの境界線を描く」を選択。

 

 

「ブラシ」を選択、「強さのシミュレート」のチェックを外しOK。

 

 

不透明度を下げこのようになりました。

 

 

それぞれを同様に行います。

 

 

一番上のイチゴのふちも作成。

 

スプラッシュを隙間に入れる

最後にスプラッシュを隙間に入れていきます。

大きさ角度などをワープツールなどで調整し配置していきます。

 

 

*スプラッシュはDimension CCで作成しました。作成工程は省きますが、基本的な操作はコチラの記事で。

【Adobe Creative Cloud】Dimension CCを使うと2Dと3Dを簡単に合成できる

カテゴリー一覧はコチラ。

Dimension CCの記事一覧

 

二段目にスプラッシュ注入。

 

そして三段目にスプラッシュ注入。

 

 

最後に全体の大きさを整え、イチゴの下に影をつけテキストを入れたら完成です。

影の作り方は「楕円形ツール」で黒い楕円を作成、「ぼかし(ガウス)」でぼかす。

 

動画チュートリアル

まとめ

今回スプラッシュはDimension CCを使いましたが素材でしっくりくるものがあればそれを使ってもOKです。

作成したスプラッシュをダウンロードできるようにしてありますのでご自由にお使いください。

スプラッシュ

難しそうかもしれませんが、同じ工程も多いので断面などコピーで使いまわせます。

ちなみにテキストの事態は「Lust Script」で作成しています。

今回は「苺から果汁が噴き出すPOP広告風のレタッチ」でした。

また次回お楽しみに。

PS、

少し久しぶりのブログ更新でしたが、見てくれてありがとうございます。