【illustrator】ブラシの適用と作成

Illustrator(基本操作)

「ブラシ」はオブジェクトの「線」に適用でき、また好きなブラシを作成することもできます。

「ブラシ」の適用と種類

選択しているオブジェクトの「線」に適用させる場合、コントロールパネルの「ブラシ」、または「ブラシ」パネルから選択します。

最初にオブジェクトを選択します。

次にコントロールパネルの「ブラシ」または「ブラシ」パネルからブラシを選択しクリックします。

これで、オブジェクトに適用されます。

ブラシの種類は主に5種類あり、その中に以下のようなものがそろっています。

カリグラフィーブラシ
角度によって線幅の異なる線を描画できます。

散布ブラシ
オブジェクトをパスに沿って散布します。

アートブラシ
オブジェクトをパスに沿って変形するブラシです。

パターンブラシ
線に沿ってパターン配置します。

絵筆ブラシ
絵筆のように描画するブラシです。

以上の種類の中にさまざまなブラシが用意されています。


また、「カラー」パネル、「スウォッチ」パネル、「アピアランス」パネル、コントロールパネルから色を変えたり、線幅を変更したりすることができます(できないブラシもあります)。

ブラシオプションで編集

ブラシオプションは「ブラシ」パネルでブラシをダブルクリックすると開きます。ブラシオプションではブラシの名前や色彩方法などを設定できます。

ブラシオプションは各ブラシの種類ごとに設定ができます。

カリグラフィブラシオプション

名称(N)
ブラシの名称

赤枠部分
設定した角度、真円率でブラシをプレビューします。プレビューをドラッグして角度や真円率を変更することができます。

角度(A)
ブラシの角度を指定します。3時方向を0度として、プラス値で反時計回りとなります。

真円率(R)
ブラシ形状の楕円の大きさを指定します。数値が小さいほど楕円は細かくなり、100%で正円になります。

直径(Z)
ブラシの直径を指定します。スライドバー、あるいは数値を指定して入力します。

青枠部分
青枠部分の矢印をクリックすると以下のプルダウンメニューが開きます。

固定
オレンジ枠のボックスで指定した数値をそのまま使用しす。

ランダム
オレンジ枠のボックスで指定した数値を、緑枠の「変位」で指定した範囲内でランダムに変化させます。

筆圧
オレンジ枠で指定した数値を、緑枠の「変位」で指定した範囲内でタブレットペンの筆圧に応じて変化します。

*筆圧感知タブレットが必要です

スタイラスホイール
オレンジ枠でで指定した数値を、緑枠の「変位」で指定した範囲内でタブレットペンのホイールに応じて変化させます。

*ホイール機能の付いたペンと筆圧感知タブレットが必要です。

傾き
オレンジ枠で指定した数値を、緑枠の「変位」で指定した範囲内ででタブレットペンの傾きに応じて変化させます。

*傾きを感知するペンタブレットが必要です。

方位
オレンジ枠で指定した数値を、緑枠の「変位」で指定した範囲内でタブレットペンの先端の方位に応じて変化させます。

*傾きを感知するタブレットが必要です。

回転
オレンジ枠で指定した数値を、緑枠の「変位」で指定した範囲内でタブレットペンの回転に応じて変化させます。

*回転を感知するタブレットが必要です。

散布ブラシオプション

名前(N)
ブラシの名称になります。

サイズ(Z)
散布オブジェクトのサイズを指定します。「ブラシ」パネルに登録した散布オブジェクトの大きさを100%とします。

間隔(C)
散布オブジェクトの感覚を設定します。100%でオブジェクトの感覚は0になります。

散布(T)
散布オブジェクトとパスの距離を設定します。大きく設定するほど離れた位置になります。

回転(R)
散布オブジェクトの回転角度を設定します。

青枠部分
カリグラフィブラシオプションと同項目になります。

回転の基準(O)
「ページ」に設定すると、アートワークの上部を0°の基準として回転します。「パス」に設定するとパスを基準にして回転します。

方向(M)
散布オブジェクトの彩色方法を設定します。

絵筆ブラシオプション

形状(S)
ブラシ先端の形状を選択できます。

サイズ(Z)
ブラシのサイズを設定できます。

毛の長さ(L)
毛の柄のつなぎ目から毛先までの長さを設定でき、長い方が太くなります。

毛の密度(D)
毛の密度は設定でき、密度が高い方が自然なストロークになります。

毛の太さ(T)
毛の太さが設定できます。

ペイントの不透明度(O)
ブラシストロークの不透明度が設定できます。

硬さ(F)
ブラシの硬さが設定できます。

アートブラシオプション

幅(W)
アートオブジェクトの幅をスライダーで指定します。元のオブジェクト幅が100%となっています。また、下図は「カリグラフィブラシオプション」での説明と同様になります。

ブラシ伸縮オプション
〇縦横比を保持して拡大・縮小
アートオブジェクトの縦横比を保持したまま拡大、縮小をします。
〇ストロークの長さに合わせて伸縮
アートオブジェクトのの幅は一定のまま伸縮します。
〇ガイド間で伸縮
プレビュー画面で表示されたガイドラインの間が伸縮しガイドラインの外の形状は保持されます。

方向
パスに対して、オブジェクトをどの方向に合わせるか設定できます。

方式(M)
アートオブジェクトの彩色方法を設定できます。

軸に沿って反転(F)
アートオブジェクトをパスに沿って反転します。

軸を基準に反転(C)
アートオブジェクトをパスを対象軸として反転します。

折り重なり
パスの角での、ブラシの折り重なりの処理を選択します。

パターンブラシオプション

拡大縮小(S)
スライダーは元の大きさが100%になっています。また、下図は「カリグラフィブラシオプション」での説明と同様になります。

間隔(P)
パターンとパターンとの間の間隔を設定します。

赤枠部分
左側から、「サイドタイル」「外側タイル」「内側タイル」「最初のタイル」「最後のタイル」となっています。

軸に沿って反転(F)
パターンタイルをパスに沿って反転します。

軸を基準に反転(C)
パターンタイルをパスを対象軸として反転します。

タイルを伸ばしてフィット(T)
パスに合わせてパターンタイルを伸縮させます。

間隔をあけてパスにフィット(A)
オブジェクトに合わせて間隔をあけます。

中心をずらしてフィット(R)
オブジェクトの大きさとパターンタイルがフィットするようにタイルをずらして並べます。

新規ブラシ作成

自分で作成したオブジェクトをブラシに登録することができます。

オブジェクトを選択します。

次に赤枠の「新規ブラシ」をクリックします。

それぞれどの種類に登録するかを選択し、「OK」をクリック。

それぞれ選んだダイアログボックスが開きます。

名前などを決め「OK」をクリックで登録されます。

また、「散布ブラシ」「アートブラシ」はオブジェクトをドラッグすると簡単に登録できます。

ブラシを通常のオブジェクトに変換

「アピアランスを分割」を使用するとブラシを使ったオブジェクトを通常のオブジェクトに変換できます。

変換したオブジェクトはグループ化され、変換すると「ブラシ」パネルによる種類の変更や編集はできなくなります。

オブジェクトを選択します。

「オブジェクト」メニュー内の「アピアランスを分割」をクリックします。

通常のオブジェクトに変換されます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則