アートワークは、オブジェクトを重ね合わせて作成され、初期設定では新しく作成するオブジェクトが一番上に重なるように設定されています。

「レイヤー」パネル

すべてのオブジェクトは「レイヤー」パネルに順番に重なって表示されます。オブジェクトは、レイヤーやサブレイヤーにまとめることができ、レイヤーの内容やグループ化されたオブジェクトは、「レイヤー」パネルの>をクリックし展開できます。

このイラストもいくつものレイヤーが重なって作成されています。

無料素材イラストAC

以下のように内容やグループ化されているものなど階層になっています。上のオブジェクトほど前面に表示されています。

オレンジ枠(オブジェクトの位置)
オブジェクトを選択しクリックすると、「レイヤー」パネルで選択したオブジェクトの項目を表示します。

緑枠(クリッピングマスクを作成/解除)
クリッピングマスク作成と解除を行えます。

青枠(新規サブレイヤーを作成)
新規サブレイヤーを作成します・

赤枠(新規レイヤーを作成)
新規レイヤーを作成します。

新規レイヤー、新規サブレイヤー作成時レイヤーの作成位置を指定でき、【Ctrl】+クリックで、レイヤーの一番上(オブジェクトの最前面)に新規レイヤーを作成できます(新規レイヤのみ)。【Alt】+クリックで、レイヤー設定ダイアログボックスで新規レイヤー、サブレイヤーを作成します。

各パーツを各レイヤーや階層にすることで、複雑なアートワークなどそれぞれで管理でき、誤って選択、削除などを防げます。

表示・非表示/ロック・ロック解除

レイヤーパネルの左側にあるボックスで、表示、非表示を切り替えることがで、これにより編集したいオブジェクトのみを表示させたりすることができます。

左から二番目のボックスではロック、ロック解除ができ、ロックしたレイヤーは選択できないので間違って操作、削除することを防げます。

下図の赤枠でオブジェクトの選択とアピアランスのターゲット表示することができます。

「レイヤーオプション」

レイヤーパネルに表示される、レイヤー、グループ、パス、にはそれぞれ任意で名前を付けることができます。

赤枠部分(黄色枠を除く)をダブルクリックすると「レイヤーオプション」が表示されます。黄色枠部分をダブルクリックするとレイヤー名のみを編集できます。


名前(N)
レイヤーの名前を変更できます

カラー(C)
選択したオブジェクトのパスやアンカーポイントの表示される色を設定できます。

テンプレート(T)
選択したレイヤーをテンプレートレイヤーにします。

ロック(L)
レイヤー内のオブジェクトのロック、ロック解除ができます。

表示(S)
レイヤー内のオブジェクトの表示、非表示ができます。

プリント(P)
チェックを外すと、設定したレイヤーだけが印刷できないようにします。

プレビュー(V)
チェックを入れるとプレビューモード、外すとアウトラインモードで表示されます。

画像の表示濃度(D)
配置したイメージ画像の表示濃度を設定します。

テンプレートレイラーに設定すると、レイヤーは自動でロックされ、配置した画像は「レイヤーオプション」で設定した透明度が設定され薄く表示されます。また、テンプレートレイヤーは、下絵用のレイヤーとなるため印刷できなくなります。

また、レイヤーパネルでは赤枠のように表示されます。

「レイヤー」の移動、複製、統合、削除

「レイヤー」パネル内に表示される、レイヤー、グループ、パス、はドラッグで移動させ重なり順を変更でき、グループ、パスはドラッグで他のレイヤーに移動することもできます。

また、レイヤーを他のサブレイヤーにしたり、サブレイヤーを独立したレイヤーにもできます。

【レイヤーの移動】
「レイヤー」パネルでレイヤーをドラッグします。

【レイヤーを複製】
レイヤーをドラッグし「新規レイヤーを作成」のアイコンにドロップします。また、レイヤーの移動の手順で【Alt】を押しながらドラッグ&ドロップでも複製できます。

【レイヤーの統合】
複数のレイヤーを一つのレイヤーに統合する場合、「レイヤー」パネルメニューから「選択レイヤーを統合」でできます。

統合したいレイヤーを選択します。

統合先を【Shift】を押しながらクリックで選択します。

選択し終えたら、上図の赤枠の「レイヤー」パネルメニューをクリックし、メニュー内の「選択したレイヤーを統合(M)」を選択すると統合され一つになります。

また、「レイヤー」パネルメニューの「すべてのレイヤーを統合」で、全レイヤーが一つに統合されます。

【レイヤーの削除】
レイヤーを削除する場合、選択したレイヤーををドラッグし下にあるゴミ箱のアイコンへドロップします。