【illustrator】複数のオブジェクトの色調整

「編集」メニューの「カラーを編集」を使用すると、グループオブジェクトなど、複数オブジェクトの色を一括調整することができます。また、限られた色数へ減色することが可能で、パターンやグラデーション、グラデーションメッシュを適用したオブジェクトの色を調整することもできます。

オブジェクトの再配色(ライブカラー)

「オブジェクトを再配色」を使うと、選択したオブジェクトに含まれるすべての色を、プレビューしながら調整できます。グラデーションメッシュ、グラデーション、パターン、ブラシ、ライブペイントなどどんなオブジェクトにも利用できます。

オブジェクトを選択します。

「オブジェクトを再配色」のアイコンをクリック、または「編集」メニューから「カラー編集」内の「オブジェクトを再配色」をクリックします。

 

「オブジェクトを再配色」のダイアログボックスが開きますので、「編集」をクリックします。

 

編集用のダイアログボックスが開きます。後は赤い丸で囲った部分をドラッグすると色の変更ができます。決定なら「OK」。

 

 

・赤い四角で囲った部分
選択したオブジェクトに使われている色が表示されます。

・緑枠の部分
色を元の色に戻します。

・オレンジ枠
ここをクリックすると各色が連動して動きます。

・黄色枠
個別に色を編集できます。

 

 

「オブジェクトを再配色」ダイアログボックスの概要は以下のようになっています。

 

 

黄色枠で囲った部分をクリックすると「ハーモニールール」が表示されます。

 

 

赤枠で囲った部分はそれぞれ以下のように切り替えできます。

 

 

オブジェクトを減色

「オブジェクトを再配色」では、カラーで作成したアートワークを1色や2色など、限定した色に減色できます。

オブジェクトを選択し、先ほどの手順で「オブジェクトを再配色」を選択します。

 

 

「オブジェクトを再配色」が開いたら赤枠部分で使用する色数を選択します。一色にする場合「1カラージョブ」を選択します。

 

 

そのままよければ「OK」で、カラーライブラリを使用する場合赤枠をクリックすると以下の中から選択できます。

 

 

これで減色ができます。

 

 

また減色後に色を変更する場合、下図の部分で調整できます。

 

 

「オブジェクトを再配色」の概要は以下のようになっています。

 

 

・プリセット(R)
減色プリセットを選択します。

 

・配色オプション
概要図のオレンジ枠をクリックすると配色オプションが開き設定できます。

 

・カラー(C)
現在のカラーグループから使用する色数を選択します。

 

・現在のカラー
現在使われている色で、ドラッグで入れ替えができます。

・新規
現在の色に新しく適用される色で、クリック選択でスライダで色を変更できます。

・彩色方法を指定
クリックすると色彩方法を指定できます。

 

・新規カラーのソート順を指定
クリックすると新規カラーのソート順を指定できます。

 

・カラーグループをスウォッチライブラリに制限
概要図緑枠をクリックするとプルダウンメニューが開き選択できます。

 

 

その他の色の編集コマンド

「オブジェクトの再配色」以外にも「編集」メニューの「カラーを編集」にはオブジェの色を編集する機能があります。

 

 

・CMYKに変換/RGBに変換/グレースケールに変換
選択したオブジェクトのカラーモードを変換します。

・カラーバランス調整
選択したオブジェクトの色の構成要素をCMYKやRGBなど各チャンネルごとに調整できます。

 

・カラー反転
選択したオブジェクトの色を反転します。

・左右にブレンド/上下にブレンド/前後にブレンド
選択したオブジェクトの位置関係や前後関係から色だけをブレンドして中間にあるオブジェクトは中間色になりますオブジェクトは最低3つ選択が必要です。

 

 

・彩度調整
選択したオブジェクトの色の濃さを均等に調節します。

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>            チュートリアル動画はもう見ましたか?

            チュートリアル動画はもう見ましたか?

                  ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。