【illustrator】パスのオフセット

Illustrator(基本操作)

オフセット幅を指定し、元のオブジェクトよりも大きい、あるいは小さいオブジェクトを作る場合「パスのオフセット」を使います。

オフセットの使い方

「オブジェクト」メニューの「パス」内にある「パスのオフセット」は、選択したオブジェクトより大きい、あるいは小さいオブジェクトをコピーして作成します。新しいオブジェクトは、オブジェクトのパスからオフセット値を指定して作成します。

オブジェクトを選択します。

「オブジェクト」メニューから「パス」を選択し「パスのオフセット」を選択します。

「パスのオフセット」ダイアログボックスが開きますので、オフセットの距離など設定し「OK」をクリックします。

オフセットが適用されます。

また、選択ツールで選択した際に表示される◎をドラッグすると、形状を変形することができます。

「パスのオフセット」概要

オフセット(O)
下図の赤線部分の長さになります。

角の形状(J)
1、マイター
角がとがった形状になります。

2、ラウンド
角が丸い形状になります。

3、ベベル
角が角ばった形状になります。

角の比率(M)
角の比率は、マイター設定したときに、角の形状がマイターからベベルに自動で切り替わる比率です。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則