【illustrator】エンべロープを使った変形

Illustrator(基本操作)

「オブジェクト」メニューの「エンベロープ」は、選択したオブジェクト全体の形状を変形させることができます。また「エンベロープ」による変形方法は「ワープで作成」「メッシュで作成」「最前面オブジェクト」があります。

ワープで作成

「オブジェクト」メニューの「エンベロープ」から「ワープで作成(W)」を選択します。「ワープオプション」が開くので設定して適用させます。

オブジェクトを選択します。

「オブジェクト」メニューから「エンベロープ」、「ワープで作成」を選択します。

「ワープオプション」が開くので設定し「OK」をクリックします。

適用されました。

スタイル(S)
15種類のスタイルから選択できます。

円弧
下弦
上弦
アーチ
でこぼこ
貝殻(下向き)
貝殻(上向き)
波形
魚型
上昇
魚眼レンズ
膨張
絞り込み
旋回

水平方向、垂直方向
変形方向を設定します。

カーブ(B)
変形の大きさを設定します。

「ワープオプション」ダイアログボックス以外でも表部のコントロールパネルからも編集が可能です。

メッシュで作成

「メッシュで作成で」では選択したオブジェクトにメッシュポイントを表示させ、ダイレクト選択ツールでオブジェクトを変形させることができます。

オブジェクトを選択します。

「オブジェクト」メニューから「エンベロープ」、「メッシュで作成」を選択します。

「メッシュオプション」が開き「OK」をクリックします。

オブジェクトにメッシュポイントが表示されるので後はドラッグで変形させます。

最前面のオブジェクトで作成

変形したい形状のオブジェクトを変形させたいオブジェクトの前面に重ね、「最前面のオブジェクトで作成」を選択しると、前面に重ねたオブジェクトの形状に変形します。

変形させたい形のオブジェクトを作成します。

変形するオブジェクトの前面に重ねて配置し、両方の選択します。

「オブジェクト」メニューから「エンベロープ」、「最前面のオブジェクトで作成」をクリックします。

変形が適用されます。

解除と通常オブジェクト化

「エンベロープ」を解除する場合、「オブジェクト」メニューから「エンベロープ」、「解除」で変形が解除され元に戻ります。

また、「エンベロープ」で変形させたオブジェクトを通常のオブジェクトにする場合、「オブジェクト」メニューから「エンベロープ」、「拡張」で通常のオブジェクトに変換されます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則