【フォトショップ】簡単に画像を鉛筆スケッチ風にする方法

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップで簡単に画像を鉛筆スケッチ風にする方法です。

今回使用した画像

レイヤーをコピーし、「白黒」「階調の反転」「ぼかし」

レイヤーのコピーをします。

 

 

コピーしたら右クリックから「レイヤーのラスタライズ」します。

 

 

レイヤーパネル下部の「塗りつぶしまたは調整レイヤーを作成」アイコンをクリックし、

「白黒」を選択。

 

 

画像はこのようになります。

 

 

レイヤーパネルはこのようになっています。

 

 

「catコピー」レイヤーを選択したまま、

「イメージ」「色調補正」「階調の反転」をクリック。

 

 

このように加工されます。

 

「レイヤーパネル」で描画モードを「覆い焼きカラー」に変更します。

 

 

このとき「覆い焼きカラー」にすると、

 

 

画像が白く何も見えなくなりますが、気にせずに。

 

そのまま「フィルター」メニューから、

「ぼかし」「ぼかし(ガウス)」を選択。

 

 

数値を変更。

 

 

ここまでで画像はこのようになります。

 

「フィルターギャラリー」「レベル補正」「レイヤーを統合」

下の段の「cat」レイヤーを選択。

 

 

「フィルター」「フィルターギャラリー」を選択します。

 

 

「ブラシストローク」内の「はね」を選択、

数値を以下のように変更します。

 

 

画像はこのようになります。

 

 

そのまま「cat」レイヤーを選択したまま、

「イメージ」「色調補正」「レベル補正」を選択。

 

 

数値を微調整します。

 

 

ここまででレイヤーパネルはこのようになっています。

 

 

画像はこんな感じになります。

 

 

【Shift】を押しながら、これまで加工したレイヤーをクリック選択します。

選択したらレイヤーパネル上で「右クリック」し、

「レイヤーを統合」し一つにまとめます。

 

画像を追加し、鉛筆部分をコピーし一番上に配置

統合した「cat」目隠ししておきます。

 

 

追加した「table」を選択し、

鉛筆部分を選択範囲で選択します。

 

 

選択範囲で囲ったら、

画像上で「右クリック」し、「選択範囲をコピーしたレイヤー」をクリック。

 

 

一番上に配置し「レイヤースタイルを追加」アイコンから、

「ドロップシャドウ」をクリックし、鉛筆に影をつけます。

 

 

パネルが開いたら、以下のように調整します。

 

 

最後に「cat」レイヤーをスケッチブック上に大きさと角度を調整し、

配置したら「描画モード」「カラー比較(暗)」に完成です。

 

 

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則