フォトショップで写真からイラスト画像にレタッチする方法です。

「ペンツール」でアウトラインを作成

「ペンツール」を選択し、まずは髪の毛のアウトラインを作成します。

 

 

新規レイヤーを作成

 

 

そのまま一度「ブラシツール」を選択し、ブラシサイズを変更

 

 

もう一度「ペンツール」を選択し、右クリックから「パスの境界線を描く」を選択。

 

 

ツールをブラシに設定しOK。

 

 

このよう先ほど設定したブラシサイズでアウトラインを描くことができました。

 

 

【Enter】でパスを消し境界線だけを表示できます。

 

今の要領でアウトラインをどんどん作成していこう。

「ペンツール」で線を描く

 

 

ブラシサイズを変更

 

 

もう一度「ペンツール」を選択右クリックから「パスの境界線を描く」

 

 

【Enter】で決定。

 

これを繰り返しこのようにアウトラインを作成することができました。

*写真を非表示にしてあります。

各パーツごとに「塗りつぶしツール」で色を塗る

「自動選択ツール」を選択し髪の毛を選択

 

 

このままだと隙間が空いてしまうので、選択範囲を拡張します。

 

 

「選択範囲」メニューの「選択範囲を変更」から「拡張」クリック。

 

 

「拡張量」を変更します。

 

 

このように選択範囲が拡張されます。

 

 

選択範囲を作成したら、レイヤーパネルで新規レイヤー(髪)を作成。

 

 

「塗りつぶしツール」を選択。

 

 

カラーを髪の毛の色に変更し塗りつぶします。細かく塗りつぶせなかった部分は最後に「ブラシツール」で塗っていきます。

 

 

「レイヤー1」の先ほど描いた境界線を選択し、「自動選択ツール」顔を選びます

*選択範囲の解除は【Ctrl】+Dでできます。

 

 

隙間を調整。隙間がなければ拡張はしなくても大丈夫です。

「選択範囲」メニューの「選択範囲を変更」から「拡張」。

 

 

「新規レイヤー(顔)」を作成し「塗りつぶしツール」で肌の色にし塗りつぶし。

 

 

同じ要領でアウトラインを描いたレイヤーを選択し自動選択ツールで白目部分を選択。

 

 

新規レイヤー(眼)を作成しし「塗りつぶしツール」で色を付ける。

 

 

眼球部分も同様に行います。

 

 

 

各パーツを塗りこのようになりました。

 

 

「塗りつぶしツール」塗れなかった部分を「ブラシツール」で塗ります。

 

 

アウトラインを作成したレイヤーを一番上に配置

名前を「境界線」に変更してあります。

 

 

ここまでこのようになりました。

 

「写真をコピー」「彩度を下げる」「カットアウト」

一番上に写真をコピーし配置。

写真は「レイヤーをラスタライズ」しておきます。

 

 

「イメージ」メニューの「色調補正」から「彩度を下げる」を選択。

 

 

このようになります。

 

 

「フィルター」メニューの「フィルターギャラリー」を選択。

 

 

「アーティスティック」内の「カットアウト」を選択し数値を調整。

 

 

レイヤーパネルで「乗算」に変更。

 

 

ここまででこのようになりました。

 

アウトライン(境界線)以外を削除

「境界線」レイヤーを選択。

 

 

周りの部分を選択。

 

 

マスク作成。

 

 

このままだた人物にマスクされるので【Ctrl】+Iで反転させます。

 

 

境界線以外にマスクされました。

 

色を調整

「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンから「トーンカーブ」を選択。

 

 

調整します。

 

 

必要に応じて各パーツごとに色を調整します。

 

眼の光の反射を描く

一番上に新規レイヤーを作成。

 

 

「ブラシツール」の白で黒目部分に反射を描画します。

 

 

白背景では少し寂しいので「ブラシツール」で薄ピンクをつけてみました。

レイヤーを作成パネルはこのようになっています。

 

 

 

これで完成です。

 

 

動画チュートリアル

まとめ

写真によっては微調整が変わってきますがこの方法でイラスト画像を作成できます。

自分の写真や愛犬、愛猫など、あるいはSNSアバター用などぜひ作成してみよう。

今回は「写真をSNSアバターとしても使えるイラストにレタッチする方法」でした。

また次回お楽しみに。