フォトショップで写真を切り抜き、フィルターの「モザイク」を適用してレトロなファミコン風にレタッチしてみました。

切り抜き「色相・彩度」「トーンカーブ」で調整

まずは、写真のボクサーを切り抜きます。今回はペンツールで切り抜いています。

 

 

後々修正できるように、レイヤーパネルで右クリックから「スマートオブジェクトに変換」をしておきます。

 

 

「色相・彩度」「トーンカーブ」で調整。

 

 

このようになりました。

 

「切り抜きツール」で大きさを調整

「切り抜きツール」を選択。

 

 

500px×500pxにし、解析度を50に。

 

 

このように切り抜きました。

 

「境界線」と「モザイク」を適用

レイヤーをコピーして置きます(ここはなくてもOK)。

 

 

「レイヤースタイル追加」アイコンから「境界線」を選択。

 

 

このようにふちができます。

 

 

「フィルター」メニューの「ピクセレート」から「モザイク」を選択。

 

 

8pxで調整。

 

 

境界線の角が丸く太すぎたので1PXに再調整・・・

 

 

こここまででこのようになりました。

 

「シャドウ・ハイライト」を調整

「イメージ」メニューの「色調補正」から「シャドウ・ハイライト」を選択。

 

 

赤枠部分を調整しました。

 

「ブラシツール」で輪郭を描画

一番上に「新規グループ作成」

*この画像では人物レイヤーにマスクしてありますが、しなくてもOKです。

 

 

「長方形選択ツール」を選択し、目の部分をブラシの黒で塗ります。

選択範囲を複数作したい場合【Shift】を押しながら行ってください。

 

 

同様にグローブの光の反射を白く塗ります。

 

 

いくつかの個所にこの要領で行いこのようになりました。

 

 

最後に、背景とテキスト(同様にモザイクを適用)を入れ完成です。

 

 

チュートリアル動画

まとめ

使用する写真あるいはイラストによって「境界線」「モザイク」の数値は微調整済ますが、「境界線」は2px以上だと角が丸くなるので小さめに。

今回は「写真をレトロゲーム(ファミコン)風にレタッチしてみた~」でした。

また、次回お楽しみに。