【フォトショップ】崩しエフェクト「dispersion-effect(分散効果)」-1

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップで粉々になっていくような加工ができます。覚えておくと練習次第で様々な表現化できるようになります。

ステップ1・レイヤーを複製し「塗りつぶし」

今回使用した画像

では、最初にレイヤーをレイヤーパネルの右下の「新規レイヤー作成」へドラッグするか、レイヤ上で右クリック「レイヤーを複製」を選択し、コピーします。

下の段のレイヤーを選択し、人物を選択ツールでざっくりと囲っていきます。今回は「多角的選択ツール」を使用しました。

囲ったら、画像上で「右クリック」をし、「塗りつぶし」を選択します。

「コンテンツに応じる」にし、「OK」。

画像上で右クリックり「選択を解除」しておきます。

ステップ2・選択ツールを使用し切り抜き、複製

上の段を選択し、ツールメニュー内の「クイック選択ツール」(任意で使いやすい方で)を使用し、囲っていきます。

囲い終えたら、画像上で右クリック「選択範囲をコピーしたレイヤー」で切り抜きます。

次に、切り抜いたレイヤーをコピーしておきます。ここまでで、レイヤーパネルは以下のようになっています。また、緑の枠は目隠ししておきます(使用しないので)。

ステップ3.「ゆがみ」を使用し画像を伸ばし「マスク」

上記の「レイヤー1」を選択し、上部の「フィルター」内の「ゆがみ」を選択します。

パネルが開いたら左上の「前方ワープツール」を選択し、画像をドラッグしながらの伸ばしていきます。

上記で「ゆがみ」効果をつけたレイヤー1を選択し、右下にある「レイヤーマスク追加」をクリックします。

追加されたマスクの色を黒に塗りつぶしていきます。レイヤー1の白いマスク部分を選択し、カラーを黒に変更し、上部の「編集」内の「塗りつぶし」をクリック。

「描画色」にし「OK」。

すると、黒く塗りつぶされます。

次に、「レイヤー1コピー」を選択し、同様に「レイヤーマスク追加」をクリックし、白色のマスクを追加します。

ステップ4・ブラシを使い加工

まずは「レイヤー1のコピー」の白色のマスク部分(緑枠)を選択します。カラー(オレンジ枠)を黒色にし、ブラシを選択します。

次に、上記と同じ要領で「レイヤー1」の黒い部分を選択し、ブラシカラーは「白」にし、黒色でマスクした伸ばした画像をブラシで少しずつ出現させていきます。

以上で基本的なブラシツールを使った崩しエフェクトが作成できます。後な任意で好きなブラシを使用してさらに加工していきましょう。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則