【フォトショップ】白黒画像の上にスクエアデザインでカラーをつけちょっとカッコよく見せる

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップで白黒画像の上にスクエアデザインでカラーをつけちょっとカッコよく見せてみよう。

「白黒」に変換し「ぼかし」を適用

レイヤーをコピーし、上位のレイヤーは目隠ししておきます。

 

 

「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンから「白黒」を選択。

 

 

「属性」パネルのプリセットを「ホワイト(最大)」にし、レッド系を65に変更。

 

 

レイヤーパネルはこのようになります。

 

 

画像は白が強めの白黒になりました。

 

 

もう一度下のレイヤーを選択します。

 

 

「フィルター」メニューの「ぼかし」から「ぼかし(ガウス)」を選択。

 

 

半径を15ほどの変更。

 

 

このようになりました。

 

スクエアデザインを作成

上位レイヤーの目隠しを解除し選択します。

 

 

「長方形ツール」を選択します。

 

 

上部で「パス」に設定。

 

 

「シェイプやパスのオプション追加設定」から「3px」に変更。

 

 

【Shift】+ドラッグし正方形を描画していきます。

 

 

位置を移動させる場合「パスコンポーネント選択ツール」で移動させます。

 

 

「レイヤー」メニューの「ベクトルマスク」から「現在のパス」を選択。

 

 

このように四角い部分だけカラーが適用されます。

 

 

「パスコンポーネント選択ツール」を選択し、【Alt】+ドラッグ四角をコピーし配置していきます。

 

 

重なっている部分を白黒にしたいので上部アイコンから「シェイプが重なる領域を中マド」にします。

 

 

このように重なっている部分を白黒にできました。

 

 

 

あとは【Alt】+ドラッグでコピーしながらランダムに配置していきます。四角の大きさを変更する場合【Ctrl】+Tで選択し変更します。

このように配置しました配置しました。

 

四角にふちを作成する

新規レイヤーを作成選択したままで、緑枠【Ctrl】+クリックし選択範囲を読み込みます。

 

 

選択範囲が読み込まれます。

 

 

「鉛筆ツール」を選択。

 

 

直径:10、硬さ:100に変更します。

 

 

「編集」メニューから「境界線を描く」を選択。

 

 

以下の数値に変更。

 

 

黒いふちができました。

 

 

「レイヤースタイル追加」アイコンから「レイヤー効果」を選択。

 

 

「カラーオーバーレイ」を選択し設定。

 

 

これでふちを白く変更しました。

 

スクエアをコピーし角度大きさを変え配置

「レイヤー1」をドラッグしコピーします。

 

 

コピーしたレイヤーを選択し。

 

 

「編集」メニュー「変形」から「180°回転」を選択。

 

 

大きさや角度などを変更し、しっくりくる位置に配置

 

 

「レイヤーパネル」「カラーオーバーレイ」ダブルクリックし「レイヤースタイル」を開きます。

 

 

「カラーオーバーレイ」のカラーを髪と同じような色に変更。

 

 

最後に不透明度を45%に変更。

 

 

 

これで完成です。

 

 

チュートリアル動画

まとめ

今回スクエアデザインにしてみましたが他の形(多角形など)でもカッコよくなります。ぜひ挑戦を。

【白黒画像の上にスクエアデザインでカラーをつけちょっとカッコよく見せる】でした。

では、また次回をお楽しみに。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則